クロレラ食品って何?


クロレラを使った食品として最近は、ラーメンや青汁、そして健康食品があります。でも実は、クロレラの使用量によって呼び名が変わるって知っていましたか?

クロレラの使用量によって呼び名が変わります。

何と、健康食品の規格基準を決めている日本健康・栄養食品協会と言うものがあり、クロレラを95%以上含まれている食品のみが「クロレラ食品」と表示することが出来る規程されています。ですので、クロレラ食品と呼ばれているものは、サプリメントになります。そして、50-95%含む食品は「クロレラ加工食品」、30-50%含む食品は「クロレラ加工複合食品」となります。

じゃあ、クロレラはどのくらい食品に含まれていれば良いの?

クロレラのサプリメントをかじってみると分かりますが、若干くせがある味です。ですので、味ではなくクロレラを取るのが目的であればクロレラ食品が良いと思います。でも、クロレラは生き物を丸ごと食べることが出来る、一物全体食であることが特徴ですので、クロレラを楽しむ為にも、クロレラ加工食品やクロレラ加工複合食品でまずは試してみることが良いのではと思います。

 

一物全体食のクロレラで生き物に必要な力を整えてみませんか?ぜひお勧めです。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク