swift覚書:ifとforとswitch文の紹介


投稿日: swiftに関する記事 , , ,

Rでもifやforやswitch文はよく使います。swiftとRは構文が似ていて使いやすいです。


ifやforやswitchの例

詳しくは、コメントアウトを参照ください。

import Foundation

//if文の例
//0から100の乱数を発生
let test = arc4random_uniform(100) + 0

//30以下は頑張りましょう、31〜79はまあまあ、80以上は頑張りました
if test <= 30{

   println("頑張りましょう\(test)点でした")

}else if test <= 79{
    
   println("まあまあです\(test)点でした")
    
}else{

   println("頑張りました\(test)点でした")
    
}

//swich文の例
let food = "クロレラ"

switch food{
    
    case "クロレラ":
        println("オキアミは?")
    case "オキアミ":
        println("クロレラは?")
    case "火星人?":
        println("オキアミとクロレラが主食です。")
//該当しなければ以下を実行
default:
    println("アルドノア・ゼロ")
    
}

//for-in文の例
//変数にレンジ演算子の値を使う場合
for index in 1...5 {

    println("繰り返し回数\(index)に3を足すと\(index + 3)")
    
}

//レンジ演算子の値を繰り返し回数のみで使う場合
let base = 3
let power = 10
var answer = 1
for _ in 1...power {
    answer *= base
}

println("\(base)を\(power)回かけると\(answer)")

//配列や辞書から値を取り出して使用
let names = ["クロレラ", "オキアミ", "姫様", "ひぐらし"]
for name in names {
    println("Hello, \(name)!")
}

//辞書のキーと値を使用
let numberOfLegs = ["クロレラ": 1, "オキアミ": 2, "姫様": 3, "ひぐらし": 4]

for (Name, Count) in numberOfLegs {
    
    println("\(Name)の値は\(Count)です。")

}

//辞書のキーを使用、valuesにすると値を利用できます
let numberOfDic = ["クロレラ": 1, "オキアミ": 2, "姫様": 3, "ひぐらし": 4]

for Name in numberOfDic.keys {
    
    println("\(Name)です。")
    
}

//後ろから順に取り出す
let numberOfSize = ["クロレラ", "オキアミ", "姫様", "ひぐらし"]

for (var index = numberOfSize.count; index > 0; index--) {
    
    let name = numberOfSize[index - 1]
    println("\(name)です。")
    
}

出力

スクリーンショット 2015-03-29 15.17.33

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク