アニメでGood:コメット・ルシファー第1話「大地と少年」の感想と文字解析


既視感がある世界です。どこか荒廃しているのですが、テクノロージーは発展している、不思議な世界です。物語のキーとなるのは「ギフトジウム」と呼ばれる不思議な鉱物。淡く緑色や赤色に光るものがあり、色により機能性がどのように違うか、今後の説明に注目です。

どうも、物語で使用されている文字は特殊で我々とは違うようです。ゴーグルの文字解析を試みましたが、情報不足のため思案中です。ただ、カウントダウンのシーンから一部の数字が読み解けたので参考までに紹介します。他の文字も解読できれば紹介します。なんとなく、4から9の数字はマルと数字(ギリシャまたはローマ数字)の組み合わせな気がします。

せっかくなので、冒頭に語られたナレーションを書き起こしてみました。マルコ福音書やヨハネの黙示録の影響を受けているのでしょうか。今後の展開を示しているようなので非常に気になります。

「大河となって流れた、怒りが涙に失せ、1度目の鶏が鳴いた。

 劫火と燃え、盛る怒りが涙に失せ、2度目の鶏が鳴いた。

 そして、3度目の鶏鳴が羽ばたいた年、遂に、
 立ち上がるものと退けるものと定められた。

 さて、果たして、我らは何の子なるか。見極めようでは無いか。

 これより。

 今宵は一層瞬いて見える。天の綺羅が。」

火星で水が見つかりました。宇宙のどこかにコメット・ルシファーの世界があるのかもしれません。

「からだにいいもの」はコメット・ルシファーを応援しています。

コメット・ルシファー公式ホームページ
http://comet-lucifer.jp/

文字解析の結果

comechar


少しでも、あなたのアニメや漫画生活が充実しますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク