Rで解析:インタラクティブに展開収束なツリーダイアグラム「collapsibleTree」パッケージ

インタラクティブに展開収束なツリーダイアグラムを作成するパッケージの紹介です。かなり、幅広く、活用範囲が広いパッケージと考えます。 出力はshinyでも利用できます。パッケージヘルプを参照してください …

Rで解析:OCRができるのです!「tesseract」パッケージ

画像ファイルから各言語でOCRが可能なパッケージの紹介です。画像の解像度により精度が変化しますがザクッとした文字データの取得には許容範囲と考えます。 参考データはけものフレンズHPのイントロダクション …

Rで解析:Shinyで習作4「プロットからデータをインタラクティブに取得」

Shinyの習作、その4です。出力したプロットからインタラクティブにデータを取得する例です。 RStudioのversion 1.0.136。windows 10のR version 3.3.3で動作 …

Rで解析:Shinyで習作3。けものフレンズ80種類のカラーパレット

けものフレンズ公式サイト「けもフレ図鑑」に掲載の80種類のキャラクターおよびキャラ名画像をRで処理して得られた各カラーコードから、キャラクターは出現数上位9位、キャラクター名は出現数1位をカラーパレッ …

Rで解析:枠で囲んで区別しよう!「gatepoints」パッケージ

プロットの任意の場所を選択し囲いを追加するパッケージの紹介です。Rのみでの利用は選択終了後に右クリックから、RStudioでの利用はPlots windowの右上メニューより動作を終了することで完成で …

Rで解析:Shinyで習作2「プロットを保存」

Shinyの習作、その2です。出力したワードクラウドをPNG形式での保存とデータをテーブルで表示する例です。 紹介コマンドをコピー後にRStudioを利用し「ui.R」と「server.R」を用意、メ …

Rで解析:Shinyで習作「PubMedクラウド」

Shinyの習作です。「easyPubMed」パッケージなどを利用して論文タイトルからワードクラウドを作成する例です。 Shinyアプリの概要はネットで多く紹介されているので省略します。紹介コマンドを …

Rで解析:R MarkDownで紹介!カラーパレットがいっぱい「ggsci」パッケージ

ggplot2でも利用できるカラーパレットが収録されているパッケージの紹介です。コマンドの紹介のRmdファイルを実行するとカラーパレットを確認できるようにしましたが、環境によっては動作しないようなので …

Rで解析:list classの構造把握に便利です「listless」パッケージ

list classの構造把握に便利なパッケージの紹介です。とっても便利だと考えます。listは便利なclassだけれども、構造を把握するのが面倒なのでお勧めなパッケージです。 パッケージバージョンは …

Rで解析:楽器のシロフォンに似たプロット?「xyloplot」パッケージ

出現数が一目瞭然なプロットを作成できるパッケージの紹介です。バイオリンプロットに似ています。ヘルプを見ると楽器のシロフォンに似ているので「xyloplot」パッケージのようです。 意外と面白いので紹介 …

スポンサードリンク