から食: クロレラは生命活動が活発で、栄養バランスが優れた植物性の食品


クロレラの栄養素や機能性の情報は日々増えています。それに負けずにクロレラについて記述していこうと思います。

クロレラは食品としてかなり長い間、日本を中心に利用されてきた、淡水で生活している単細胞で植物に分類される緑藻類の一種です。ですので、野菜がもつ大切な健康機能と栄養バランスを含んだ食品です。

そして、クロレラは工業的に約20日程度の培養を高さ10-15cm、直径が40mの大きな円型のプールでおこない、そこから収穫されるクロレラは600kgほどにもなるそうです。

ちなみに、クロレラは条件さえ整っていれば、1日で1つの細胞が4分裂することが知られています。

このように、生命活動が活発なクロレラは葉酸やビタミンB12などのビタミンやミネラル、食物繊維、炭水化物、葉緑素、必須脂肪酸、全必須アミノ酸を含みます。

しかも、全体の約60%がたんぱく質で、その良質を示すアミノ酸スコアは100であることが知られています。

以上のことから、クロレラは生命活動が活発で、栄養バランスが優れた植物性の食品だと考えています。


あなたのからだにいい「食事」を考える情報となりますように。

スポンサードリンク

スポンサードリンク