RでGoogle Analytics:データを取得するためにGoogle Developers Consoleでプロジェクトを作成


RGoogleAnalyticsパッケージでデータを取得するにはGoogle Developers Consoleでプロジェクトを作成しAnalytics APIを有効にし認証情報を取得する必要があります。作成方法を紹介します。

解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次


Analytics APIの有効化

下記のリンクからGoogle Developers Consoleにアクセスします。GoogleAnalyticsに登録したアカウントでログインします。

Google Developers Console: https://console.developers.google.com

画面赤枠の「プロジェクトを作成」をクリックします。
NO1

新しいプロジェクトのダイアログが表示されるので、「プロジェクト名」にRGoogleAnalyticsと入力し、チェックボックスをクリックし「作成ボタン」をクリックします。
NO2

しばらく待つと、画面が切り替わります。画面が切り替わったら赤枠の「APIを有効にする」をクリックします。
NO3

画面赤枠部分に「Analytics」と入力し、下部に表示されるAnalytics APIの右青枠部分「OFF」をクリックし「ON」にします。
NO4

Analytics API有効化のダイアログが表示されるのでチェックボックスをクリックし「同意する」をクリックします。
NO5

有効なAPIにAnalytics APIが追加されます。
NO6


認証情報の取得

RGoogleAnalyticsでの解析に必要なクライアントIDとクライアントシークレットの取得方法です。

Google Developers Consoleの右側赤枠部分「認証情報」をクリックします。
NO7

画面赤枠部分「新しいクライアントIDを作成」をクリックします。
NO8

クライアントIDを作成のダイアログが表示されるので、赤枠「インストールされているアプリケーション」にチェックを入れ「同意画面を設定」をクリックします。
NO9

同意画面が表示されるのでメールアドレスを選択後、赤枠部分「サービス名」にRAnalyticsと入力し「保存」をクリックします。
NO10

クライアントIDを作成のダイアログが再度表示されるので、アプリケーションの種類は赤枠「インストールされているアプリケーション」、インストールされているアプリケーションの種類は青枠「その他」にし「クライアントIDを作成」をクリックします。
NO11

認証情報にクライアントIDとクライアントシークレットが表示されます。RGoogleAnalyticsでの解析に使用しますのでメモ帳などに保存してください。
NO12

以上で、RGoogleAnalyticsでの解析に必要なクライアントIDとクライアントシークレットの取得が完了です。


解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク