Rで解析:真のランダムな文字と数値の配列が欲しいなら!「random」パッケージの紹介


Rで乱数を取得する方法には、”sample”や”runif”、”.Random.seed”などのコマンドを利用することが考えられます。通常の利用で問題になることは少ないですが、結果は予測可能な擬似乱数です。そこで、手軽に真の乱数を取得できる「random」パッケージがリリースされたので紹介します。

なお、本パッケージはウェブサービスであるrandom.orgにアクセスして、乱数を取得します。便利なパッケージですが、実行にはネット環境が必要です。

random.orgのサイトはこちらから
URL:https://www.random.org/

紹介パッケージのバージョンは0.2.5。R version 3.2.0で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("random")

実行コマンドの紹介

下記コマンドを実行してください。詳細はコメントまたはパッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("random")

#指定範囲の数値からn数分をランダム順で「重複あり」の配列
randomNumbers(n = 10, min = 5, max = 20, col = 2, base = 10, check = TRUE)
     V1 V2
[1,] 15 18
[2,] 15 20
[3,] 17 12
[4,]  6 20
[5,] 16  7

#指定範囲の全数値をランダムに並べた配列
randomSequence(min = 1, max = 50, col = 5, check = TRUE)
     V1 V2 V3 V4 V5
[1,] 50 39 47 29  7
[2,]  5 33 19  9  6
[3,]  3 18 11 22 12
[4,] 24 16 48 31 20
[5,] 23 40 43 32 10
[6,] 14 34 44 26 25
[7,] 49 38 13 28 27
[8,] 46 36 21  4 17
[9,] 37 45  1  2 15
[10,] 30 35 42 41  8
     
#n数分の文字,数値を指定した長さで組み合わせた配列     
randomStrings(n = 10, len = 10, digits = TRUE, upperalpha = TRUE,
              loweralpha = TRUE, unique = TRUE, check = TRUE)
         V1          
[1,] "VjvxqS6aU5"
[2,] "MebiPmNYZJ"
[3,] "IQ7ZzfBv3F"
[4,] "NK4E9OMFyu"
[5,] "oQyzJWexdE"
[6,] "12e3b852sM"
[7,] "M23e9bD2kK"
[8,] "TJmwLtGrd0"
[9,] "SHbRuwXC8x"
[10,] "lZqswdZYDk"

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク