Rでウェブ解析:文字桁数の整形が簡単!「lucid」パッケージの紹介

Rの解析に役に立つ記事

桁数を揃えるのにformatやformatCコマンドの利用が考えられますが、行数が多いデータだと設定が面倒です。そんな面倒を解決する「lucid」パッケージを紹介します。なお、実行コマンドの紹介最下部に”format”や”formatC”コマンドの利用をおまけに記述しています。結果は実行コマンドの紹介内以外に記事下部にhtmlテーブルで示しています。

本パッケージでは桁数を整形するだけでなく、切り上げなどの設定もできます。ぜひお試しください。

パッケージバージョンは1.3。R version 3.2.0でコマンドを確認しています。


スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("lucid")

実行コマンドの紹介

下記コマンドを実行してください。詳細はコメントまたはパッケージヘルプを確認してください。結果をhtmlファイルで出力する方法も紹介しています。

#パッケージの読み込み
library("lucid")

#####準備#####################
#データ例の作成
TestData

結果をhtmlテーブルで出力

モバイルの方はこちらからご覧いただくと見やすいです。
lucid非適応
lucid適応

<lucid非適応>

<lucid適応>


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました