Rで解析:Googleスプレッドシートの操作ができる!「googlesheets」パッケージ


Googleアカウントをお持ちであれば、RからGoogleスプレッドシートの操作ができる「googlesheets」パッケージを紹介します。本パッケージで新規スプレッドシートの作成、ダウンロード、アップロード、削除などが可能です。

スプレッドシートはGoogleドライブに保存されますので、情報共有がラクラクです。

パッケージバージョン0.1.0。R version 3.2.2でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("googlesheets")

実行コマンドの紹介

詳細はコメントまたはパッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("googlesheets")

###準備#####
#データ例の作成
TestData <- data.frame(Name = rep(c("karada", "good", "R and Anime"), each = 5), Data1 = rep(1:5, times = 3), Data2 = c(dnorm(1:5, mean = 10, sd = 3) * 100, dnorm(1:5, mean = 8, sd = 5) * 100, dnorm(1:5, mean = 22, sd = 10) * 100)) ######## #グーグルドライブへのログイン:gs_authコマンド #実行するとグーグルへのログインとgooglesheetsによる #許可のリクエスト画面がブラウザに表示されます。 gs_auth(new_user = TRUE) #グーグルシートを作成:gs_newコマンド #書き込むデータを指定:inputオプション #データ範囲以外のセル表示設定:trimオプション gs_new(title = "TestData", input = TestData, trim = TRUE) #シートを追加:gs_ws_newコマンド #シート名を指定:wsオプション #gs_titleコマンドで対象のファイルを指定します gs_ws_new(gs_title("TestData"), ws = "Sheet1", input = LETTERS[1:26], trim = TRUE) #シート名の変更:gs_ws_rename #変更対象のシート:fromオプション #変更後のシート名:to gs_ws_rename(gs_title("TestData"), from = "Sheet1", to = "からだにいいもの") #ファイルの削除:gs_deleteコマンド #gs_titleコマンドで対象のファイルを指定します gs_delete(gs_title("TestData")) #グーグルドライブに保存されているスプレッドシート名を取得:gs_lsコマンド gs_ls() Source: local data frame [2 x 10] sheet_title  author perm version updated sheet_key 1 TestData karada-good rw new 2015-07-05 11:34:31 1fsRp-AO… Variables not shown: ws_feed (chr), alternate (chr), self (chr), alt_key (chr) #グーグルドライブからデータの取得:gs_readコマンド #読み込みシートの指定:wsオプション readData <- gs_read(gs_title("TestData"), ws = 1) Source: local data frame [15 x 3] Name Data1 Data2 (chr) (int) (dbl) 1 karada 1 0.1477283 2 karada 2 0.3798662 3 karada 3 0.8740630 4 karada 4 1.7996989 5 karada 5 3.3159046 6 good 1 2.9945493 7 good 2 3.8837211 8 good 3 4.8394145 9 good 4 5.7938311 10 good 5 6.6644921 11 R and Anime 1 0.4398360 12 R and Anime 2 0.5399097 13 R and Anime 3 0.6561581 14 R and Anime 4 0.7895016 15 R and Anime 5 0.9404908 #作業ディレクトリにシートをエクセルで保存:gs_downloadコマンド gs_download(gs_title("TestData"), to = "TestData.xlsx") [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク