Rとウェブ解析:指標同士の関係がわかる!corragramパッケージの紹介


指標同士の関係を示す方法は散布図や相関係数があります。corragramパッケージでこれらの方法をまとめて出力できますのでご紹介します。


「corragram」パッケージの導入

下記コードを実行することで導入することができます。
URL: https://github.com/kwstat/corrgram


 install.packages("corrgram", type = "source")

もしくは

 library(devtools) #devtoolsが無い場合は右を実行:install.packages("devtools")
  install_github("kwstat/corrgram")


実行例

例を2つ紹介します。
なお、相関係数はpearson, spearman, kendallから選択できるとマニュアルに記載がありますが、オプションpanel.confで計算される相関係数はpearsonです。ご注意を!


#corrgramパッケージ付属のデータの読み込み。74行、14列のデータです。
data(auto)

#例1
#ディフォルトでのプロット。相関係数はpearson, spearman, kendallから選択できます。
corrgram(auto[, -c(1:2)], cor.method = "kendall") #1から2行までプロット

#例2
#Rに付属のirisデータでプロット。各変数の密度や散布図、相関係数を同時にプロットできます。
#なお、panel.confの相関係数はcor.methodで方法を指定してもpearsonで出力されます。ご注意を!
corrgram(iris, lower.panel = panel.pts, upper.panel = panel.conf,
         diag.panel = panel.density, cor.method = "spearman")


出力結果

例1

library corrgram1

例2

library corrgram2


少しでも、ウェブや実験の解析が楽になりますように!!
もし、不明点がありましたらこちらからお問い合わせください。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク