Rで解析:データの関係を表現します!Hive plotsの作成「HiveR」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

Hive plotsはデータの関係を表現する手法で、遺伝子や代謝産物などの生化学分野だけでなく、TwitterなどのSNSやテキストマイニングにも応用できるかと思います。そこで、有用な表現方法であるHive plotsを作成できる「HiveR」パッケージを紹介します。

また、本パッケージではぐりぐり動かすことができる3DのHive plotsも作成できます。興味のある方は出力例に動画を掲載しましたのでご覧ください。

パッケージのバージョンは0.2.44。R version 3.2.1でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。Windowsはplot3dHiveコマンドの利用にrglパッケージが必要です。

#パッケージのインストール
install.packages("HiveR")

#windowsではplot3dHiveコマンドの利用に
#rglパッケージが必要です
install.packages("rgl")

実行コマンドの紹介

詳細はコメント、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("HiveR")

#ランダムにhive plot用のデータを作成:ranHiveDataコマンド
#nxオプション:軸数の設定,範囲2以上6未満
#typeオプション:2D,3Dの設定が可能
#3Dにするとぐりぐり動きます,動画を確認してください
TestData <- ranHiveData(type = "2D", nx = 5) #データ構造の確認 str(TestData) #軸,ノード,エッジ間の関係を確認:sumHPDコマンド sumHPD(TestData) #データのプロット #2Dデータのプロット:plotHiveコマンド plotHive(TestData) #3Dデータのプロット:plot3dHiveコマンド plot3dHive(TestData) [/code]


出力例

・2Dデータのプロット:plotHiveコマンド
HivePlot

・3Dデータのプロット:plot3dHiveコマンド
 回転だけでなく拡大・縮小が可能です。


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク