Rで解析:データをデータベースで管理!「filehash」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

異なるデータを保存するクラスにlistがあります。listは非常に便利なデータ形式ですが、操作がわかりにくい点もあります。「filehash」パッケージは異なる形式のデータをデータベースとして簡単に管理できるのでオススメです。

作成したデータベースはファイルとして保存が可能です。コマンド操作がシンプルで使いやすく、大規模データの管理に役に立つのではと思います。

パッケージのバージョンは2.3。R version 3.2.1でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("filehash")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("filehash")

#データベースの作成:dbCreateコマンド
#作業フォルダにデータベースファイルが作成されます
dbCreate("Testdb")

#データベースを読み込んで初期化:dbInitコマンド
#データベースを編集するのに必要です
Testdb <- dbInit("Testdb") #データの書き込み:dbInsertコマンド dbInsert(Testdb, "Group1", sample(1:1000, 300, replace = TRUE)) dbInsert(Testdb, "Group2", sample(LETTERS, 30, replace = TRUE)) dbInsert(Testdb, "Group3", sample(1:1000, 300, replace = TRUE)) #キーを元にデータを取り出す:dbFetchコマンド value <- dbFetch(Testdb, "Group1") mean(value) [1] 502.16 #データベースのキーを表示:dbListコマンド dbList(Testdb) [1] "Group1" "Group2" "Group3" #データをキーで削除:dbDeleteコマンド dbDelete(db, "Group2") dbList(Testdb) [1] "Group1" "Group3" #複数キーに対する計算方法 sapply(Testdb[c("Group1", "Group3")], mean) Group1 Group3 502.1600 520.8633 [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク