Rで解析:地図に経緯線の描写が楽々!「graticule」パッケージ

Rの解析に役に立つ記事

地図をプロットするパッケージはいろいろありますが、経緯線の描写には手間がかかる場合があります。そんな問題を解決する「graticule」パッケージです。

本パッケージは「rgdal」「raster」「rworldmap」のパッケージを利用します。なお、世界地図のデータは「rworldmap」パッケージに収録されていますので、別途用意する必要はありません。

発想次第では、地図の描写以外にも利用が広がりそうなパッケージです。公式の参考URLに示されているよう、複雑なカラーパレット作成にも利用できそうです。

公式参考URL
https://cran.r-project.org/web/packages/graticule/vignettes/graticule.html

また、経度、緯度の取得は下記サイトがオススメです。
地理院地図
http://maps.gsi.go.jp/

パッケージのバージョンは1.3-1。R version 3.2.1でコマンドを確認しています。


スポンサーリンク

必要パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("graticule")
install.packages("rgdal")
install.packages("raster")
install.packages("rworldmap")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。近畿および名古屋圏と日本全体をプロットする例を紹介します。

#パッケージの読み込み
library("rgdal")
library("raster")
library("rworldmap")
library("graticule")

###近畿および名古屋圏のプロット#####
#地図データの読み込み
#rworldmapパッケージのデータを使用
data(countriesLow)
#rasterパッケージのprojectionコマンド
#座標を取得
llproj

出力例

・近畿および名古屋圏のプロット
pmat

・日本全域をプロット
japanmat


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました