Rで解析:APAスタイルのテーブルをワードで出力「apaTables」パッケージ


アカデミック関係者であればAPAスタイルに馴染みがあると思いますが、ウェブに関わる関係者であれば「なんのこと?」と思われるかもしれません。APAスタイルはAmerican Psychological Associationで示された、論文執筆に関する仕様書となります。

Psychologicalと示されているように本来、心理学分野の仕様書ですが「第3者が理解しやすい表現をまとめたもの」であったため、表現者に有用であり、現在は広い学術分野で利用されています。その他に、メジャーな仕様書としてAmerican Institute of Physicsで示されたAIPがあります。さすが物理学です。

本パッケージでは、APAに準拠した表を作業フォルダにワードで出力します。ぜひ、実行コマンドを試していただければと思います。

パッケージのバージョンは1.0.3。R version 3.2.2でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("apaTables")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("apaTables")

###使用データの内容,全てapaTablesパッケージに付属#####
#viagraデータ
head(viagra, n = 10)
dose libido
1 Placebo 3
2 Placebo 2
省略
9 Low Dose 2
10 Low Dose 3

#gogglesデータ
head(goggles, n = 10)
gender alcohol attractiveness
1 Female None 65
2 Female None 70
省略
9 Female 2 Pints 70
10 Female 2 Pints 65

#attitudeデータ
head(attitude, n = 10)
rating complaints privileges learning raises critical advance
1 43 51 30 39 61 92 45
2 63 64 51 54 63 73 47
省略
9 72 82 72 67 71 83 31
10 67 61 45 47 62 80 41

#albumデータ
head(album, n = 10)
adverts sales airplay attract
1 10.256 330 43 10
2 985.685 120 28 7
省略
9 514.068 200 21 7
10 174.093 300 40 7
########

#One-Way ANOVAの結果をテーブル出力:apa.1way.tableコマンド
#解析データフレーム:data
#独立変数:ivオプション
#従属変数:dvオプション
#出力ファイルの向き:landscapeオプション;TRUE(横)/FALSE(縦)
#テーブル番号を記述:table.numberオプション
#信頼区間をノートに表示:show.conf.intervalオプション;TRUE/FALSE
apa.1way.table(data = viagra, iv = dose, dv = libido, landscape = TRUE,
table.number = 1, show.conf.interval = TRUE,
filename = "One-WayTable.doc")

#Two-Way ANOVAの結果をテーブル出力:apa.2way.tableコマンド
#解析データフレーム:data
#独立変数:iv1,iv2オプション
#従属変数:dvオプション
#出力ファイルの向き:landscapeオプション;TRUE(横)/FALSE(縦)
#テーブル番号を記述:table.numberオプション
#信頼区間をノートに表示:show.conf.intervalオプション;TRUE/FALSE
apa.2way.table(data = goggles, iv1 = gender, iv2 = alcohol, dv = attractiveness,
landscape = TRUE, table.number = 2, show.conf.interval = TRUE,
filename = "Two-WayTable.doc")

#pearson係数の結果をテーブル出力:apa.cor.tableコマンド
#解析データフレーム:data
#出力ファイルの向き:landscapeオプション;TRUE(横)/FALSE(縦)
#テーブル番号を記述:table.numberオプション
#信頼区間をノートに表示:show.conf.intervalオプション;TRUE/FALSE
apa.cor.table(data = attitude, landscape = TRUE, table.number = 3,
show.conf.interval = FALSE, filename = "CorTable.doc")

#d-values for all paired comparisonsの結果をテーブル出力:apa.d.tableコマンド
#解析データフレーム:data
#独立変数:ivオプション
#従属変数:dvオプション
#出力ファイルの向き:landscapeオプション;TRUE(横)/FALSE(縦)
#テーブル番号を記述:table.numberオプション
#信頼区間をノートに表示:show.conf.intervalオプション;TRUE/FALSE
apa.d.table(data = viagra, iv = dose, dv = libido, landscape = TRUE,
table.number = 4, show.conf.interval = TRUE,
filename = "DTable.doc")

#回帰分析の結果を出力:apa.reg.tableコマンド
#テーブル番号を記述:table.numberオプション
LmResult <- lm(sales ~ adverts + airplay, data = album) apa.reg.table(LmResult, table.number = 5, filename = "RegTable.doc") [/code]


出力例

出力できるワードのスクリーンショットです。縦線があるように見えますが、実際は横線のみです。

・apa.1way.tableコマンド
One-WayTable

・apa.2way.tableコマンド
Two-WayTable

・apa.cor.tableコマンド
CorTable

・apa.d.tableコマンド
DTable

・apa.reg.tableコマンド
RegTable


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク