Rで解析:浮動小数点の比較に便利です!「fpCompare」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

Rで浮動小数点の一致を確認するとき”==”演算子では同じであるにもかかわらずFALSEが返される場合があります。問題を解決するために、identicalとall.equalコマンドを組み合わせて使用している方は多いかと思います。

しかし、多用するとコードが煩雑となり視認性が悪くなります。

そんな問題を解決する「fpCompare」パッケージを紹介します。なお、「fpCompare」パッケージで使用できる演算子を表にまとめています。

パッケージのバージョンは0.2.0。R version 3.2.2でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("fpCompare")

実行コマンド

詳細はコマンド、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("fpCompare")

#浮動小数点
x1 <- 0.05 - 0.03
x2 <- 0.03 - 0.01
#通常の比較ではパソコンによりますがFALSEとなります
x1 == x2
[1] FALSE
#そこで、identicalとall.equalコマンドを組み合わせて
#使用している方は多いと思います,必ずTRUEが返されます
identical(all.equal(x1, x2), TRUE) 
[1] TRUE

#ただ、コードが煩雑になりがちです
#fpCompareパッケージの利用
#同等性の確認演算子:%==%
x1 %==% x2 
[1] TRUE

パッケージで使用できる演算子

パッケージで使用できる演算子の内容を基本演算子で示しています。参考にしてください。

fpCompare演算子基本演算子で内容を表現
%>=%>=
%>>%>
%<=%<=
%<<%<
%==%==
%!=%!=

[/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク