Rでお遊び:チェックデジットの作成「CheckDigit」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

チェックデジットはクレジットカードやバーコードなどの末尾に付与される「データの信頼性を確認」する数字です。簡単にチェックデジットの作成・確認ができるパッケージの紹介です。

チェックデジットの生成アルゴリズムはLuhnアルゴリズムなどがありますが、本パッケージでは多くの転記ミスを検出できる「Verhoeff」アルゴリズムを採用しています。

「Verhoeff」アルゴリズムは、順序(12→21)、連続入力(11→22)、勘違い(121→212, 123→321)などの入力ミスを検出することができます。

パッケージのバージョンは0.1-1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("CheckDigit")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("CheckDigit")

#末尾にチェックデジットを付与:AppendCheckDigitコマンド
AppendCheckDigit("12345", "Verhoeff") 
"123451"

#チェックデジット含め入力した数字が正しいか判断
#VerifyCheckDigitコマンド
VerifyCheckDigit("123451", "Verhoeff")
123451 
TRUE 
#確認
VerifyCheckDigit("124351", "Verhoeff")
124351 
FALSE 
VerifyCheckDigit("153421", "Verhoeff")
153421 
FALSE
VerifyCheckDigit("154321", "Verhoeff")
154321 
FALSE

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク