Rで解析:データ、環境。私的なRに関する情報取得のコマンド


データや使用環境の情報を確認することで計算やパッケージコマンド利用時のエラーを解決できる場合が多いと思います。エラー解決に役立つコマンドのまとめです。誰かのお役に立てばと思います。

実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#データの構造を確認:strコマンド
str(iris)
'data.frame':	150 obs. of  5 variables:
$ Sepal.Length: num  5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 4.6 5 4.4 4.9 ...
$ Sepal.Width : num  3.5 3 3.2 3.1 3.6 3.9 3.4 3.4 2.9 3.1 ...
$ Petal.Length: num  1.4 1.4 1.3 1.5 1.4 1.7 1.4 1.5 1.4 1.5 ...
$ Petal.Width : num  0.2 0.2 0.2 0.2 0.2 0.4 0.3 0.2 0.2 0.1 ...
$ Species     : Factor w/ 3 levels "setosa","versicolor",..: 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 ...

#現在のセッションに存在するオブジェクトを表示する:lsコマンド
#何もなし
ls()
character(0)
#a,bオブジェクトを作成
a <- 1
b <- 2
ls()
[1] "a" "b"

#存在するオブジェクトとデータの構造を確認:ls.strコマンド
ls.str()
a :  num 1
b :  num 2
#str(a)
#num 1

#作業ディレクトリを取得:getwdコマンド
getwd()

#使用中の環境情報を取得:sessionInfoコマンド
#Mac OS初期状態の環境状態です
sessionInfo()
R version 3.2.2 (2015-08-14)
Platform: x86_64-apple-darwin13.4.0 (64-bit)
Running under: OS X 10.10.5 (Yosemite)

locale:
  [1] ja_JP.UTF-8/ja_JP.UTF-8/ja_JP.UTF-8/C/ja_JP.UTF-8/ja_JP.UTF-8

attached base packages:
  [1] stats     graphics  grDevices utils     datasets  methods   base     

loaded via a namespace (and not attached):
  [1] tools_3.2.2

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク