Rで解析:欠損値に関するコマンド


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

欠損値に関するコマンドです。Rを使い始めた頃にsumコマンドで論理値ベクトルの総TRUE数を取得できることを知った時には少し賢くなった気がしました。

実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


実行コマンド

詳細はコメント、コマンドのヘルプを確認してください。

#欠損値を含むベクトルの作成
TestVec <- as.integer(sample(c(1:10, "NA"), 100, replace = TRUE)) #summaryコマンドで要約 summary(TestVec) Min. 1st Qu. Median Mean 3rd Qu. Max. NA's 1.000 3.000 5.500 5.319 8.000 10.000 6 #合計を確認,多くの基本コマンドにna.rmオプションがあります #無い場合はna.omitコマンドで処理するのもありです sum(TestVec, na.rm = TRUE) [1] 500 #欠損値を含むか確認 is.na(TestVec) #sumコマンドとの組み合わせ #欠損値の数を取得できます sum(is.na(TestVec)) [1] 6 #欠損値を置き換える TestVec[is.na(TestVec)] <- 9999 #確認 summary(TestVec) Min. 1st Qu. Median Mean 3rd Qu. Max. 1.0 3.0 6.0 604.9 8.0 9999.0 sum(is.na(TestVec)) [1] 0 [/code] 少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク