Rで解析:インタラクティブなサークルプロット!「edgebundleR」パッケージ


グルグル回したり、ノードをハイライトにしたり、インタラクティブなサークルプロット作成に便利なパッケージです。実行コマンドではRGAパッケージを利用しています。

RGAパッケージは下記の記事を参考下さい。
・Rでウェブ解析:更新_Google Analyticsからデータを取得「RGA」パッケージの紹介
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-141/

グリグリ操作できますので、ぜひ試してみてください。

パッケージバージョンは0.1.2。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("edgebundleR")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("edgebundleR")
library("igraph")
library("RGA")

#クライアントIDを設定
client.id <- "クライアントID"
#クライアントシークレットを設定
client.secret <- "クライアントシークレット"

#取得期間の指定
#開始
StartData <- "2015-11-06"
#終了
EndData <- "2015-11-13"

#データを読み込みidの確認です
list_profiles()

#データ取得idの設定
IDSet <- "ga:データ取得id"

#ユーザー毎のランディングページと離脱ページを取得
GetData <- get_ga(profile.id = IDSet, start.date = StartData, end.date = EndData,
                  metrics = "ga:users",
                  dimensions = "ga:landingPagePath, ga:exitPagePath")
#URL末尾を削除
GetData[, 1] <- gsub(".php|.html", "", GetData[, 1])
GetData[, 2] <- gsub(".php|.html", "", GetData[, 2])

#グラフデータ化
#igraphパッケージを利用
GraphData <- graph.data.frame(head(GetData, n = 20), directed = 0.7)

#グラフの描写
edgebundle(GraphData, width = 500, fontsize = 10)

###その他の例#####
ws_graph <- watts.strogatz.game(1, 50, 4, 0.05)
edgebundle(ws_graph, tension = 0.1, padding = 20)
########

出力例

ノードをクリックしたり、中心部をドラッグして回転してみてください。パソコンでのアクセスをお勧めします。

・RGAパッケージを利用した例
プロット内容はTopページから離脱したページのアドレスです。ぜひ、頭に「karada-good.net/」を入力してアクセスしてみてください。

・その他の例


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク