Rで解析:factor class操作の役に立つかも?「lfactors」パッケージ


factor classの操作に役に立つかもしれないパッケージの紹介です。本パッケージではfactor class作成時にちょっとだけ便利なlfactorコマンドが収録されています。

パッケージバージョンは0.5.3。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("lfactors")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("lfactors")

LFactData <- lfactor(1:12, levels = 1:12, labels = paste0("Data", 1:12))
LFactData
[1] Data1  Data2  Data3  Data4  Data5  Data6  Data7  Data8  Data9  Data10 Data11 Data12
Levels: Data1 Data2 Data3 Data4 Data5 Data6 Data7 Data8 Data9 Data10 Data11 Data12
Numeric levels: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 

#ラベルでデータを抽出
LFactData == "Data4"
[1] FALSE FALSE FALSE  TRUE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE

LFactData == 2
[1] FALSE  TRUE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE FALSE

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク