Rで解析:data.frame作成時の因子化を防止「hellno」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

data.frame作成時に文字列は設定しなければfactor class(因子化)になります。因子化は慣れないとグラフ作成等で思わない結果となり厄介です。因子化の防止にはIコマンドの利用がありますが、変数が多くなると手間とミスが起こる場合があります。そんな問題を解決するパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは0.0.1。実行コマンドはR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("hellno")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

###データ例の作成#####
TestDate1 <- data.frame(FactChar = LETTERS[1:5], NFActChar = I(LETTERS[1:5])) ######## #データ構造の確認 #Factorとcharacter str(TestDate1) $ FactChar : Factor w/ 5 levels "A","B","C","D",..: 1 2 3 4 5 $ NFActChar:Class 'AsIs' chr [1:5] "A" "B" "C" "D" ... #パッケージの読み込み library("hellno") 次のパッケージを付け加えます: ‘hellno’ 以下のオブジェクトは ‘package:base’ からマスクされています: as.data.frame, data.frame ###読み込み後にデータ例を作成すると##### TestDate2 <- data.frame(FactChar = LETTERS[1:5], NFActChar = I(LETTERS[1:5])) ######## #データ構造の確認 str(TestDate2) 'data.frame': 5 obs. of 2 variables: $ FactChar : chr "A" "B" "C" "D" ... $ NFActChar:Class 'AsIs' chr [1:5] "A" "B" "C" "D" ... #hellnoパッケージの利用を中止 unloadNamespace("hellno") ###データ例の作成##### TestDate3 <- data.frame(FactChar = LETTERS[1:5], NFActChar = I(LETTERS[1:5])) ######## #データ構造の確認 str(TestDate3) 'data.frame': 5 obs. of 2 variables: $ FactChar : Factor w/ 5 levels "A","B","C","D",..: 1 2 3 4 5 $ NFActChar:Class 'AsIs' chr [1:5] "A" "B" "C" "D" ... #パッケージ利用中止後でも利用中に作成したdata.frameの構造は変わりません #データ構造の確認 str(TestDate2) 'data.frame': 5 obs. of 2 variables: $ FactChar : chr "A" "B" "C" "D" ... $ NFActChar:Class 'AsIs' chr [1:5] "A" "B" "C" "D" ... [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク