Rで解析:小数点の切り捨て・上げに関するコマンド


意外と忘れがちな小数点の切り捨て・上げに関するコマンドの紹介です。何かの参考となればと思います。

実行コマンドはR version 4.2.1で確認しています。

実行コマンド

詳細はコメント、コマンドのヘルプを確認してください。

#roundコマンド
#digitsオプションで指定した桁で四捨五入
round(11.12345, digits = 4)
[1] 11.1235

#ceilingコマンド
#指定した値(整数部分)未満にならない最小の整数
ceiling(11.000001)
[1] 12

#floorコマンド
#指定した値(整数部分)を超えない最大の整数
floor(11.000001)
[1] 11

#truncコマンド
#小数点部分を切り捨て
trunc(11.11111)
[1] 11

#formatコマンド
#桁数を指定:nsmallオプション
format(11.000001, nsmall = 3)
[1] "11.000"

#おまけ
#string::str_padコマンドを使用する
#頭に0を追加して揃える:padオプションで頭に追加する内容を指定する
#tidyverseパッケージがなければインストール
if(!require("tidyverse", quietly = TRUE)){
  install.packages("tidyverse");require("tidyverse")
}
11 %>% str_pad(4, pad = 0)
[1] "0011"

#少数点以下に0を追加
#例では小数点以下を4桁にする
#切上げにならない場合があるので注意
sprintf(11.10005, fmt = '%#.4f')
[1] "11.1000"

便利なパッケージと書式設定例の紹介


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク