Rで解析:便利なコマンドが収録されています「useful」パッケージ


data frameの内容やclassの表示だけでなく、ベクトルの比較などに便利なパッケージの紹介です。R初心者にオススメです。

紹介以外のコマンドはパッケージヘルプを確認してください。

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("useful")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("useful")

###データ例の作成#####
n <- 3000 TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE), Data1 = rnorm(n), Data2 = rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n), Data3 = sample(0:1, n, replace = TRUE), Data4 = sample(LETTERS[1:26], n, replace = TRUE)) ####### #理論値を反転:binary.flipコマンド #数値の正負を反転して1増加または減少 binary.flip(c(1, 0, 1, 0, -100, 100)) [1] 0 1 0 1 101 -99 #データセットの末尾を左側から表示:bottomleftコマンド #表示する行,列を指定:r,cオプション bottomleft(TestData, r = 5L, c = 3L)    Group Data1 Data2 2996 Group4 -0.5369601 0.3034859 2997 Group5 0.4338841 -0.5025751 2998 Group4 0.1440775 -0.7030302 2999 Group1 -1.1486917 -2.6184024 3000 Group3 0.7510146 -0.5538217 #データセットの末尾を右側から表示:bottomrightコマンド #表示する行,列を指定:r,cオプション bottomright(TestData, r = 5L, c = 3L)      Data2 Data3 Data4 2996 0.3034859 1 F 2997 -0.5025751 0 H 2998 -0.7030302 0 J 2999 -2.6184024 0 P 3000 -0.5538217 1 E #モデル式を作成:build.formulaコマンド build.formula(lhs = "Group", rhs = c("Data1", "Data2")) Group ~ Data1 + Data2 <environment: 0x11ca7ad80> #極座標をデカルト座標に変換:cart2polコマンド cart2pol(TestData[, 2], TestData[, 3], degrees=TRUE) Source: local data frame [3,000 x 4]       r theta x y     (dbl) (dbl) (dbl) (dbl) 1 0.4889570 329.90247 0.42303241 -0.24519894 2 2.0360213 268.26144 -0.06177071 -2.03508408 3 0.6110916 187.11483 -0.60638610 -0.07568882 4 2.0779732 284.80162 0.53086612 -2.00901816 5 2.9725582 77.14855 0.66116872 2.89809562 6 1.2939676 334.91645 1.17193430 -0.54856377 7 1.2362687 291.47711 0.45263450 -1.15042703 8 1.8926054 61.98562 0.88894374 1.67084835 9 0.4157223 236.76950 -0.22781936 -0.34774036 10 3.1697555 74.27457 0.85909158 3.05111650 #データのClassを表示:classdfコマンド classdf(TestData) Group Data1 Data2 Data3 Data4 "factor" "numeric" "numeric" "integer" "factor" #指定した列名を先頭または最後尾に移動:colsToFrontコマンド colsToFront(TestData, cols = "Data2") [1] "Data2" "Group" "Data1" "Data3" "Data4" colsToBack(TestData, cols = "Data2") [1] "Group" "Data1" "Data3" "Data4" "Data2" #2つのベクトルの比較:compare.listコマンド compare.list(c(mean, mode, mean), c(mean, max, mode)) [1] TRUE FALSE FALSE #ベクトルの形式を判断:find.caseコマンド #判断形式を指定:caseオプション;upper;数字大文字,lower;数字小文字,mixed;混合,numeric;数字 TestCheck <- c("A", "a", "Aa", 1) find.case(TestCheck, case = "numeric") [1] FALSE FALSE FALSE TRUE [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク