Rで解析:jpegファイルのEXIFデータを取得「exifr」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

デジカメで撮影した写真のEXIFデータを取得するパッケージの紹介です。カメラの機種や撮影時の条件を取得することができるので、写真管理に役に立つと思います。

Windowsでの利用にはPerlの導入が必要です。パッケージのインストールの前に下記リンクより「Strawberry Perl」をダウンロードしインストールしてください。なお、Macは作業の必要はありません。

Strawberry Perl:http://strawberryperl.com/

パッケージバージョンは0.1.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.2で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("exifr")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("exifr")

#画像ファイルを選択
library("tcltk")
OpenFile <- paste0(as.character(tkgetOpenFile(title = "画像ファイルを選択",
                                              filetypes = '{"画像ファイル" {".*"}}',
                                              initialfile = c("*.*"))))

#画像ファイルのEXIFを取得:exifrコマンド
#取得する情報を選択:exiftoolargsオプション;NULLで全情報を取得,指定は"-[選択する情報名]"
#NULLを指定した場合216の情報を取得できます
#例としてカメラのモデルを取得
ExifData <- as.data.frame(t(exifr(OpenFile, exiftoolargs = NULL)))
                                           V1
SourceFile /test.JPG
Model                              E-M5MarkII

#取得データを作業フォルダにCSVで出力
write.csv(ExifData, "ExifData.csv")

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク