Rでコマンド:vector classを利用するのに役に立つかもしれないコマンドの紹介


vector classを利用するのに役に立つかもしれないコマンドの紹介です。「R言語徹底解説」を読んで改めて役に立つと感じたコマンドの紹介です。特に属性を付与する「attr」コマンドは多くのパッケージ利用に役に立つと思います。

参考までに「attr」コマンドを利用してパッケージの使用例です。グラフラベルのデータを付与しています。

・Rで解析:関係性を表現!サークルプロットを作成「circleplot」パッケージ
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-438/

「R言語徹底解説」を含めたRのオススメ書籍です。

・おすすめ!勝手にランキング:Rで解析するなら、ぜひ持っていてほしい書籍
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-8/

実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


実行コマンド

詳細はコメント、コマンドのヘルプを確認してください。

#倍精度小数点
DoubleVec <- c(1, 2.0, 3) #classの確認確認:typeofコマンド typeof(DoubleVec) [1] "double" #よく使用するclassコマンドを利用すると class(DoubleVec) [1] "numeric" #数値の後ろにLを付けると整数になります IntVec <- c(1L, 2.0L, 3L) #確認 typeof(IntVec) [1] "integer" #よく使用するclassコマンドを利用すると class(IntVec) [1] "integer" #属性を付与する:attrコマンド #初期状態の確認 str(IntVec) int [1:3] 1 2 3 #属性の付与,意外な所で役に立ちます attr(IntVec, "属性") <- "属性の付与" #確認 str(IntVec) atomic [1:3] 1 2 3 - attr(*, "属性")= chr "属性の付与" [/code]


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク