Rで解析:data.frameの行名操作に便利です。「dfname」パッケージ


data.frameの行名操作にちょっと便利なパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは0.1.0。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("mdlincoln/dfname")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("dfname")

###データ例の作成#####
n <- 20
TestData <- data.frame(row.names = paste0("Group", 1:n),
                       Data1 = rnorm(n),
                       Data2 = rnorm(n) + rnorm(n) + rnorm(n),
                       Data3 = sample(0:1, n, replace = TRUE),
                       Data4 = sample(LETTERS[1:26], n, replace = FALSE))
#######

#データの表示
head(TestData)
            Data1       Data2 Data3 Data4
Group1  0.6830208  0.39168187     0     O
Group2 -1.3689397  1.32576867     1     J
Group3  0.3026688  0.04449927     0     Y
Group4  0.8003986  0.50349585     0     A
Group5 -0.4185508 -0.45051982     1     L
Group6 -1.4348653  2.05269419     0     F

#行名をデータ列の最後尾に付与:name_inコマンド
#データを指定:dオプション
#データ名を設定:col_nameオプション
NameTestData <- name_in(TestData, col_name = "NewName")
#データの表示
head(NameTestData)
       Data1       Data2 Data3 Data4 NewName
1  0.6830208  0.39168187     0     O  Group1
2 -1.3689397  1.32576867     1     J  Group2
3  0.3026688  0.04449927     0     Y  Group3
4  0.8003986  0.50349585     0     A  Group4
5 -0.4185508 -0.45051982     1     L  Group5
6 -1.4348653  2.05269419     0     F  Group6

#指定列を行名に付与:name_outコマンド
#データを指定:dオプション
#データ行を設定:col_nameオプション
NameOutTestData <- name_out(NameTestData, col_name = "Data4")
#データの表示
head(NameOutTestData)
       Data1       Data2 Data3 NewName
O  0.6830208  0.39168187     0  Group1
J -1.3689397  1.32576867     1  Group2
Y  0.3026688  0.04449927     0  Group3
A  0.8003986  0.50349585     0  Group4
L -0.4185508 -0.45051982     1  Group5
F -1.4348653  2.05269419     0  Group6

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク