Rで解析:文字列の結合・代入に便利「stringformattr」パッケージ


文字列の結合・代入に便利なパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは0.1.1。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("stringformattr")

実行コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("stringformattr")

###データ例の作成#####
n <- 5
TestData <- data.frame("LETTERS" = sample(LETTERS[1:24], size = n, replace = TRUE),
                       "letters" = sample(letters[1:24], size = n, replace = TRUE))
#確認
TestData
  LETTERS letters
1       Q       g
2       U       q
3       W       f
4       T       m
5       R       s
########

#文字列を空白なしで結合:%p%コマンド
TestData[, 1] %p% TestData[, 2]
[1] "QgUqWfTmRs"

#文字列を空白ありで結合:%s%コマンド
TestData[, 1] %s% TestData[, 2]
[1] "Qg Uq Wf Tm Rs"

#{hoge}で指定した箇所に文字列を挿入:%f%コマンド
TestChar <- "からだに {text1} いいもの {text2}"
TestChar %f% c(text1 = "karada", text2 = "good")
[1] "からだに karada いいもの good"
#エラーが出るが変わった使用法
c("{} {}", "{} {} {}", "{}") %f% c(2, 1)
[1] "2 1"   "2 1 2" "2"
Warning message:
In c("{} {}", "{} {} {}", "{}") %f% c(2, 1) :
Number of replacements in string differs from length of args

あなたの解析がとっても楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク