Rで解析:文字列やフォルダの操作に便利「filesstrings」パッケージ


文字列やフォルダの操作に便利なパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは0.3.1。windows 10のR version 3.3.2で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("filesstrings")

コマンドの紹介

詳細はコマンド、各パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("filesstrings")

###フォルダとファイルを作成#####
library("tcltk")
#保存場所を作成
setwd(paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "フォルダを選択"), sep = "", collapse ="")))
#フォルダを作成
CreateDir <- paste0(getwd(), "/", c("Test_00", "Test 1", "Test_02")) for(i in seq(CreateDir)){ dir.create(CreateDir[i]) } #ファイルを作成 file.create(c("Test 000.docx", "Test 1.docx", "Test 02.docx")) ######## #ファイルをフォルダに移動:PutFilesInDirコマンド PutFilesInDir(file.names = "Test 000.docx", dir.name = "Test_1") Test 000.docx TRUE #フォルダを削除:RemoveDirsコマンド RemoveDirs(dirs = "Test_1") Test_1 TRUE #作業フォルダのファイルやフォルダ名の半角スペースを置換:RemoveFileNameSpacesコマンド RemoveFileNameSpaces(replace.with = "_") [1] TRUE TRUE TRUE TRUE TRUE #作業フォルダに含まれるファイル名を整える:NiceFileNumsコマンド #ファイルの拡張子を指定:patternオプション #例では"Test_1.docx","Test 02.docx"を"Test_01.docx","Test 02.docx"に修正 NiceFileNums(pattern = "\\.docx$") [1] TRUE TRUE #文字列に含まれるn番目の数字を取得:NthNumberコマンド #取得する出現順を指定:nオプション TestNum <- "からだにいいもの702記事目。1000記事はまだまだ。10000記事はもっと" NthNumber(TestNum, n = 2) [1] 1000 #文字列に含まれるn番目の文字を取得:StrElemコマンド StrElem(paste0(LETTERS[1:24], collapse = ""), 12) [1] "L" #文字列に含まれるパターンで抽出:StringsWithPatternsコマンド #パターンの適合:anyオプション;TRUE:いずれか,FALSE:完全 StringsWithPatterns(strings = c("からだ", "いいもの", "Karada"), patterns = c("か", "い"), any = TRUE) #文字列を分割;StringToVecコマンド StringToVec("abcdef") [1] "a" "b" "c" "d" "e" "f" #文字列から空白を除去:StrListRemoveEmptiesコマンド #文字列はlist classで指定する StrListRemoveEmpties(list(c("a", "", "b"))) [[1]] [1] "a" "b" #文字列に含まれる数字で分割:StrSplitByNumsコマンド StrSplitByNums("Karada1234Good.net") [[1]] [1] "Karada" "1234" "Good.net" [/code]


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク