Rで解析:MACとWindowsでRstudioのグラフの日本語文字化けを防ぐ簡単な方法

Rの解析に役に立つ記事

MACとwindowsでRstudioのグラフの日本語文字化けを防ぐ簡単な方法である「ragg」パッケージを紹介します。また、参考までにMACで日本語文字化けを防止するコマンドを紹介します。

スポンサーリンク

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。 RStudio 2021.09.1+372で確認しています。下記、コマンドを実行後、RStudioのメニューを「Tools > Global Options > General > Graphics」と移動しBackendを「AGG」に指定してください。その後、RStudioを再実行すると準備完了です。

#パッケージのインストール
install.packages("ragg")

MACで日本語文字化けを防止するコマンド

plotではpar(family = “HiraKakuProN-W3”)、ggplotではtheme_bw(base_family = “HiraKakuProN-W3”)と設定するのがポイントです。なお、familyには”HiraMinProN-W3″や”HiraMinProN-W6″、”HiraKakuProN-W6″などが使用できます。

#データ例の作成
TestData <- data.frame("ラベル" = c("あ", "い", "う", "え", "お"),
                       "出現数" = rep(1, 5))

###参考:ggplot2で文字化け防止#####
#パケージの読み込み
library(ggplot2)

#base_familyを設定すると文字化けを防止できます
ggplot(TestData, aes(x = TestData[, 1],
                     y = TestData[, 2],
                     label = TestData[, 1])) +
  geom_text() +
  theme_bw(base_family = "HiraKakuProN-W3")
########

出力ファイル

文字化け防止実行済みのグラフです。


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

タイトルとURLをコピーしました