Rで解析:手軽に記述統計「desctable」パッケージ


手軽にデータの記述統計を確認できるだけでなく、DTパッケージを利用してウェブブラウザからエクセルの保存やコピーが可能です。

パッケージバージョンは0.1.0。windows 10のR version 3.3.3で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("desctable")

コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("desctable")

###データ例の作成#####
n <- 50 TestData <- data.frame("Group" = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE), "data1" = rnorm(n), "data2" = sample(LETTERS[1:5], n, replace = TRUE), "data3" = sample(1:50, n, replace = TRUE)) #構造確認 str(TestData) ######## #データの記述統計を表示:desctableコマンド #変数のクラスに対する処理を設定:statオプション #出力ラベル = 処理内容で記述,処理内容が複数の場合は|で区切る desctable(TestData, stats = list("N" = length, "%" = is.factor ~ percent, "mean" = is.factor ~ NA | mean, "sd" = is.factor ~ NA | sd, "Med" = median, "Max" = max, "Min" = min)) N % mean sd Med Max Min 1 Group 50 NA NA NA NA NA NA 2 Group: Group1 14 28 NA NA NA NA NA 3 Group: Group2 8 16 NA NA NA NA NA 4 Group: Group3 15 30 NA NA NA NA NA 5 Group: Group4 5 10 NA NA NA NA NA 6 Group: Group5 8 16 NA NA NA NA NA 7 data1 50 NA -0.08686392 0.9545582 -0.01439778 1.648715 -2.169768 8 data2 50 NA NA NA NA NA NA 9 data2: A 11 22 NA NA NA NA NA 10 data2: B 9 18 NA NA NA NA NA 11 data2: C 14 28 NA NA NA NA NA 12 data2: D 6 12 NA NA NA NA NA 13 data2: E 10 20 NA NA NA NA NA 14 data3 50 NA 25.94000000 14.5186861 29.50000000 50.000000 3.000000 #以下処理を%>%で結合して実行 #グループ分けして出力:group_byコマンド TestData %>% group_by(Group) %>% desctable(stats = list("N" = length, "%" = is.factor ~ percent, "mean" = is.factor ~ NA | mean, "sd" = is.factor ~ NA | sd, "Med" = median, "Max" = max, "Min" = min)) #インタラクティブなテーブルを作成:datatableコマンド TestData %>% group_by(Group) %>% desctable(stats = list("N" = length, "%" = is.factor ~ percent, "mean" = is.factor ~ NA | mean, "sd" = is.factor ~ NA | sd, "Med" = median, "Max" = max, "Min" = min)) %>% datatable() [/code]


出力例

ウェブブラウザからデータの保存・コピーが可能です。なお、chromeで動作を確認しています。

別ウィンドで開くのは下記リンクをクリック。
https://www.karada-good.net/wp/wp-content/uploads/2017/05/desctable.html

・インタラクティブなテーブルを作成:datatableコマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク