Rで分析:一元配置分散分析と二元配置分散分析


SPSSとRの分散分析結果が違うことについて調べていたら、UCLAでまとめられていました。コードを紹介します。

http://www.ats.ucla.edu/stat/mult_pkg/whatstat/


コードの紹介

理論は他のサイトを参考にしてください。下記コードでSPSSと同じ結果を算出することができます。

#一元配置分散分析
hsb2 <- read.table("http://www.ats.ucla.edu/stat/data/hsb2.csv", sep = ",", header = T)

library(car)
Anova(lm(write ~ factor(ses), contrasts = list(ses = contr.sum), data = hsb2), type = 3)
Anova(lm(write ~ factor(ses), data = hsb2), type = 2)
summary(aov(lm(write ~ factor(ses), data = hsb2)))


########################################
#二元配置分散分析

exer <- read.csv("http://www.ats.ucla.edu/stat/data/exer.csv")

exer <- within(exer, {
  diet <- factor(diet)
  exertype <- factor(exertype)
  time <- factor(time)
  id <- factor(id)
})

exertype.aov <- aov(pulse ~ exertype * time + Error(id), data = exer)
summary(exertype.aov)

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク