Rで解析:日本の行政地区をプロットするのに便利です「jpndistrict」パッケージ


日本の行政地区をプロットするのに便利なパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは0.3.0。windows 10のR version 3.4.3で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("jpndistrict")



コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("jpndistrict")
#install.packages("devtools")
#sfオブジェクトを利用するためにgithubからggplot2をインストール
#devtools::install_github("tidyverse/ggplot2")
library("ggplot2")

#shinyでインタラクティブに行政区間を確認:district_viewerコマンド
district_viewer()

#経度緯度から行政区都道府県市名の情報を取得:find_cityコマンド
GetCity <- find_city(longitude = 137.5993, latitude = 35.36358) #確認 GetCity Simple feature collection with 1 feature and 3 fields geometry type: POLYGON dimension: XY bbox: xmin: 137.2497 ymin: 35.22276 xmax: 137.604 ymax: 35.54718 epsg (SRID): 4326 proj4string: +proj=longlat +datum=WGS84 +no_defs # A tibble: 1 x 4 prefecture city_code city geometry <chr> <chr> <chr> <S3: sfc_POLYGON> 1 岐阜県 21210 恵那市 <S3: sfc_POLYGON> #ggplot2パッケージ ggplot(GetCity, aes(geometry = geometry)) + geom_sf(col = "red", fill = "gray") + theme_bw() #plotコマンド plot(GetCity$geometry, col = "gray") ######## #経度緯度から行政区都道府県の情報を取得:find_prefコマンド GetPref <- find_pref(longitude = 137.5993, latitude = 35.36358) #結果 GetPref Simple feature collection with 1 feature and 2 fields geometry type: POLYGON dimension: XY bbox: xmin: 136.2751 ymin: 35.13267 xmax: 137.6542 ymax: 36.46616 epsg (SRID): 4326 proj4string: +proj=longlat +datum=WGS84 +no_defs # A tibble: 1 x 3 pref_code prefecture geometry <chr> <chr> <S3: sfc_POLYGON> 1 21 岐阜県 <S3: sfc_POLYGON> #ggplot2パッケージ ggplot(GetPref, aes(geometry = geometry)) + geom_sf(col = "red", fill = "gray") + theme_bw() #plotコマンド plot(GetPref$geometry, col = "gray") ######## #経度緯度に含まれる行政区都道府県の情報を取得:find_prefsコマンド GetPrefs <- find_prefs(longitude = 137.5993, latitude = 35.36358) #結果 GetPrefs # A tibble: 3 x 4 pref_code meshcode_80km prefecture region <chr> <dbl> <fctr> <chr> 1 20 5337 長野県 中部 2 21 5337 岐阜県 中部 3 23 5337 愛知県 中部 ####### #行政区都道府県のjis_code,経度緯度等のデータセット:jpnprefsコマンド jpnprefs # A tibble: 47 x 7 jis_code prefecture capital region major_island capital_latitude capital_longitude <chr> <fctr> <chr> <chr> <chr> <dbl> <dbl> 1 01 北海道 札幌市 北海道 北海道 43.06208 141.3544 2 02 青森県 青森市 東北 本州 40.82200 140.7472 3 03 岩手県 盛岡市 東北 本州 39.70197 141.1544 4 04 宮城県 仙台市 東北 本州 38.26811 140.8693 5 05 秋田県 秋田市 東北 本州 39.71975 140.1022 6 06 山形県 山形市 東北 本州 38.25539 140.3395 7 07 福島県 福島市 東北 本州 37.76089 140.4734 8 08 茨城県 水戸市 関東 本州 36.36583 140.4711 9 09 栃木県 宇都宮市 関東 本州 36.55503 139.8828 10 10 群馬県 前橋市 関東 本州 36.38936 139.0633 # ... with 37 more rows ####### #jis_codeで情報を取得:jpn_citiesコマンド GetCities <- jpn_cities(jis_code = 21) #行政区市町村名を確認 GetCities$city [1] "岐阜市" "大垣市" "高山市" "多治見市" "関市" "中津川市" "美濃市" [8] "瑞浪市" "羽島市" "恵那市" "美濃加茂市" "土岐市" "各務原市" "可児市" [15] "山県市" "瑞穂市" "飛騨市" "本巣市" "郡上市" "下呂市" "海津市" [22] "羽島郡 岐南町" "羽島郡 笠松町" "養老郡 養老町" "不破郡 垂井町" "不破郡 関ケ原町" "安八郡 神戸町" "安八郡 輪之内町" [29] "安八郡 安八町" "揖斐郡 揖斐川町" "揖斐郡 大野町" "揖斐郡 池田町" "本巣郡 北方町" "加茂郡 坂祝町" "加茂郡 富加町" [36] "加茂郡 川辺町" "加茂郡 七宗町" "加茂郡 八百津町" "加茂郡 白川町" "加茂郡 東白川村" "可児郡 御嵩町" "大野郡 白川村" #参考例:市町村を指定してプロット PlotData <- subset(GetCities, GetCities$city == "恵那市" | GetCities$city == "飛騨市") plot(PlotData$geometry, col = c("gray", "red")) ####### [/code]




出力例

・find_cityコマンド:ggplot2パッケージを利用

・find_prefコマンド

・jpn_citiesコマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク