Rで解析:基本コマンドで色々操作


パッケージを利用せず、Rの基本的なコマンドでファイルの選択、削除、コピー、ディレクトリの操作で役に立てばいいなぁと紹介です。なお、一部windowsのみ対応です。

windows 10のR version 3.5.2で動作を確認しています


コマンドの紹介

詳細はコマンド、パッケージのヘルプを確認してください。

# 単独ファイルの選択:file.chooseコマンド
file.choose()

# 複数ファイルの選択:choose.filesコマンド
# windowsのみ
choose.files()

# ディレクトリ・フォルダの選択:choose.dirコマンド
choose.dir()

# ファイルの削除:file.removeコマンド
file.remove(file.choose())

# フォルダの作成:dir.createコマンド
dir.create(path = paste0(choose.dir(), '/テスト'))

# 作業ディレクトリの取得:getwdコマンド
getwd()

# 作業ディレクトリの設定:setwdコマンド
setwd(dir = "場所を指定")

# 作業ディレクトリ内のファイル名を取得:list.filesコマンド
list.files()

# 作業ディレクトリ内のディレクトリ名を取得:list.dirsコマンド
list.dirs()

# ファイルのサイズ,タイムスタンプなどの情報取得:file.infoコマンド
# 単数,複数ファイルの指定が可能
file.info(choose.files())

# ファイルをコピーする:file.copyコマンド
# 単数,複数ファイルの指定が可能
file.copy(from = file.choose(), to = choose.dir())

# ファイル名を変更:file.renameコマンド
file.rename(from = file.choose(), to = "Rename")

少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク