Rで解析:Shinyのテキスト系UIの紹介


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

Shinyの基本的なテキスト系UIの紹介です。Shinyの導入は以下の記事を参考ください。

テキスト系UIと表示UI

テキスト系UIにはテキストボックスの「textInput」、複数行のテキストボックス「textAreaInput」、パスワードテキストボックス「passwordInput」があります。

表示UIにはテキスト表示の「textOutput」、Rコンソール内容を表示する「verbatimTextOutput」があります。表示UIへのデータ受け渡しにはテキスト受け渡しの「renderText」、コンソール内容受け渡しの「renderPrint」コマンドをsever.Rもしくはapp.Rの「function」コマンドへ記述します。

以下にコマンドを紹介します。

library(shiny)

ui <- fluidPage(
        
        #テキストボックス
        textInput(inputId = "TextBox", "からだにいいもの"),
        #複数行のテキストボックス, 表示行数:rowsオプション
        textAreaInput(inputId = "TextArea", "複数行のテキスト入力", rows = 3),
        #パスワードテキストボックス
        passwordInput(inputId = "TextPass", "パスワードテキストボックス"),
        
        #テキストボックス表示
        textOutput("OutTextBox"),
        #複数行のテキストボックス表示
        textOutput("OutTextArea"),
        #パスワードテキストボックス表示
        textOutput("OutTextPass"),
        #コンソール内容を表示
        verbatimTextOutput("RCode")
)


server <- function(input, output) {
    #テキストのアウトプット
    output$OutTextBox <- renderText({
        paste0("テキストボックス:[", input$TextBox, "]")
    })
    #複数行のテキストボックスのアウトプット
    output$OutTextArea <- renderText({
        paste0("複数行のテキストボックス:[", input$TextArea, "]")
    })
    #パスワードテキストボックスのアウトプット
    output$OutTextPass <- renderText({
        paste0("パスワードテキストボックス:[", input$TextPass, "]")
    })
    #コンソール内容を表示
    output$RCode <- renderPrint({
        summary(5:15)
    })
    
}

#シャイニーアプリの実行
shinyApp(ui = ui, server = server)

実行結果


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク