Rで解析:ダイアログで色々選択「rChoiceDialogs」パッケージ


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

簡単にダイアログを使用して、リストやフォルダ、ファイルを選択可能なパッケージの紹介です。

パッケージバージョンは1.0.6.1。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.3で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("rChoiceDialogs")

実行コマンド

詳細はコマンド、各パッケージのヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("rChoiceDialogs")

#使用環境でTclTkが利用できるか確認:canUseTclTkコマンド
#TRUEで利用可能
canUseTclTk()

#リストボックスを表示:rselect.listコマンド
#システムに依存しない
#内容を指定:choicesオプション
#タイトル:titleオプション
#複数選択許可:multipleオプション
rselect.list(choices = c("karada", "good", "からだに", "いいもの"),
             title = "からだにいいもの", multiple = TRUE)

#選択ディレクトリのパスをダイアログで取得:rchoose.dirコマンド
#システムに依存しない
#注意:作業ディレクトリの変更ではありません
rchoose.dir()

#選択ファイルのパスをダイアログで取得:rchoose.filesコマンド
#システムに依存しない
#複数選択許可:multiオプション
rchoose.files(multi = TRUE)

#使用環境でJavaが利用できるか確認:canUseJavaコマンド
#TRUEで利用可能
canUseJava()

#Java 1.5以上を利用してリストボックスを表示:jselect.listコマンド
#内容を指定:choicesオプション
#タイトル:titleオプション
#複数選択許可:multipleオプション
jselect.list(choices = c("karada", "good", "からだに", "いいもの"),
             title = "からだにいいもの", multiple = TRUE)

#Java 1.5以上を利用して選択ディレクトリのパスをダイアログで取得:jchoose.dirコマンド
#システムに依存しない
#注意:作業ディレクトリの変更ではありません
jchoose.dir()

#Java 1.5以上を利用して選択ファイルのパスをダイアログで取得:jchoose.filesコマンド
#システムに依存しない
#複数選択許可:multiオプション
jchoose.files(multi = TRUE)

出力例

・rselect.listコマンド

・rchoose.dirコマンド


少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク