Rで解析:インタラクティブな散布図作成!「pairsD3」パッケージ


関係性の把握には散布図が非常に有効と考えています。また、散布図をインタラクティブに操作することで、思いがけない発見をすることがあります。

Plotlyライブラリでもインタラクティブなグラフを作成できますが、散布図に特化した「pairsD3」パッケージが手軽なので紹介します。

なお、作成した散布図はHTMLやshinyで出力できます。shinyの出力は更にインタラクティブです。


パッケージのインストール

#パッケージのインストール
install.packages("pairsD3")

実行コマンドの紹介

pairsD3コマンドを実行すると、ブラウザが立ち上がり散布図が表示されます。RStudioはPlotビューア内に表示されます。

#ライブラリの読み込み
library("pairsD3")

#データの準備
TastData <- data.frame(X = runif(100), Y = runif(100), Z = runif(100)) #データのプロット pairsD3(TastData) [/code] 散布図をHTMLで出力する場合は下記コマンドを実行してください。なお、magrittrパッケージが必要です。 [code language="R"] #magrittrパッケージが未インストールの場合は下記を実行 #install.packages("magrittr") library("magrittr") pairsD3(TastData) %>% savePairs(file = "TEST.html") [/code] shinyで更にインタラクティブになります。是非、実行してみてください。 [code language="R"] shinypairs(TastData) [/code]


HTMLで出力

図内をドラッグしてみてください。プロットが赤くハイライトされます。

shinyで出力

画像なので動きません。実際の動きはコマンドを実行してください。
shin


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク