Rで解析:頻度が高い?20のグラフィックスパラメータのまとめ


Rで「グラフィックスパラメータの設定方法」を知っていると発展的な図を作成することができます。

グラフィックスパラメータは図の体裁を調節する基本的なコマンドで、”par”や”plot”などのコマンドや「plotrix」パッケージなどに適応することができます。

でも、グラフィックスパラメーターは数多くあり、全てを把握するのは大変です。

そこで、これまでの経験から、使用頻度が高い「20のグラフィックスパラメータ」をまとめましたので紹介します。

Macでの注意

資料内では図の描写に日本語を使用しています。Macでは下記コマンドを実行しないと文字化けします。なお、familyには”HiraMinProN-W3″や”HiraMinProN-W6″、”HiraKakuProN-W6″なども使用することができます。


par(family = "HiraKakuProN-W3")

グラフィックスパラメータの一覧

グラフィックスパラメータで使用頻度が多い一覧です。この他にもグラフィックスパラメーターが存在しますので、Rで”?par”と入力し確認してください。

設定内容コマンド補足
プロットシンボルpch1-25の数字で設定
線の種類と太さlty, lwd-
プロット領域の分割layout分割は配列で指定します。資料コマンドを参照ください。
グラフ軸の描写bty-
プロット領域の背景色bg-
タイトル、軸ラベルの位置adj0-1の数字で設定。0:左寄り, 0.5:中央, 1:右寄り
新たなプロットごとに質問ask-
タイトル、軸ラベル、軸テキストの大きさcex注意:初期値に対する拡大率、plotなどのコマンドないとでは挙動が違います。
軸テキストの大きさcex.axis注意:初期値に対する拡大率
軸ラベルの大きさcex.lab注意:初期値に対する拡大率
タイトルの大きさcex.main注意:初期値に対する拡大率
副タイトルの大きさcex.sub注意:初期値に対する拡大率
グラフ領域の色col注意:plotコマンドなどではシンボルの色となります
軸テキストの色col.axis-
軸ラベルの色col.lab-
タイトルの色col.main-
副タイトルの色col.sub-
グラグ領域枠の色fg-
グラグ領域枠の位置fig初期値はc(0, 1, 0, 1)です
グラグ領域枠の位置fin初期値はc(8.569444, 6.847222)です


グラフィックスパラメータの出力例

https://www.karada-good.net/wp/wp-content/uploads/2015/05/GraphicalParameters.pdf


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク