Rで解析:フォルダのコピーや作成など「pathological」パッケージの紹介とパッケージに依存しない方法


Rを使用していると、なぜか突然「ディレクトリ(フォルダ)やファイル操作」の作業をしたくなる時があります。そこで、フォルダのコピーや作成などができる「pathological」パッケージと「おまけ」としてパッケージに依存しないファイルやフォルダの操作、Rの情報に関するコマンドを紹介します。

「pathological」パッケージのバージョンは0.0-6
おまけのコマンドはR version 3.2.0で確認しています。

パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

install.packages("pathological")

実行コマンドの紹介

詳細はコードのコメントをご覧ください。

library("pathological")
library("tcltk")

#ファイルの保存先を指定
setwd(paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "保存先を選択"), sep = "", collapse ="")))

###フォルダのコピーコマンド#####
#フォルダのコピー:copy_dir(source_dir = "コピー元のフォルダ", target_dir = "コピー先のフォルダ")
copy_dir(source_dir = R.home("library"),
         target_dir = file.path(getwd(), "ライブラリー"))

#コピー元のフォルダ内にあるフォルダの内容を含めてコピー:recursiveオプションで指定
#初期値はTRUEです
copy_dir(R.home("library"), file.path(getwd(), "etc2"), recursive = FALSE)

#ファイルの上書き設定:overwriteオプションで指定
#初期値はFALSEです
copy_dir(R.home("library"), file.path(getwd(), "etc2"), overwrite = FALSE)
########

#フォルダの作成コマンド
create_dirs("てすと")

#Rプロファイルファイルパスを表示
#作成していなければNAが返されます
r_profile()

#パッケージが保存されているフォルダパスを取得
system_file()
#特定のパッケージを指定することができます
system_file(package = "stats")

#一時フォルダを表示
temp_dir()

#一時ファイルを表示
temp_file()

おまけ:パッケージに依存しないコマンド

特にパッケージのインストール必要はありません

#ファイルの保存先を指定(ワーキングディレクトリ(作業フォルダ)を指定しています)
setwd(paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "保存先を選択"), sep = "", collapse ="")))

#作業フォルダにフォルダを作成
dir.create("てすと")

#ファイルの作成
cat("てすとてすと", file = "てすと.txt")

#ファイルのコピー
file.copy("てすと.txt", "テスト.txt")

#ファイルの名前変更
file.rename("テスト.txt", "テスト2.txt")

#ファイルをダイアログで選択してパスを取得
file.choose()

#指定したディレクトリに存在するフォルダやファイル名を取得
#そのまま実行すると作業フォルダになります
dir()

#Rのバージョンや使用しているOS情報を表示
sessionInfo()

#Rのホームディレクトリを表示
R.home()

#パッケージのHELPを表示
help("パッケージ名")

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク