簡単:RとGoogle Analyticsの連携


解析コマンドなどのまとめはこちらから:RでGoogle Analyticsの目次

事前準備

https://console.developers.google.com/projectにアクセスして、プロジェクトを新規作成し「APIと認証」から「APIを見る」にAnalytics APIと入力しステータスをONにしてください。その後、「認証情報」から新しいクライアントIDをアプリケーションの種類を「インストールされているアプリケーション」で作成し、クライアントIDならびにクライアントシークレットを取得してください。なお、インストールされているアプリケーションの種類は「その他」で構いません。


パッケージのインストール

下記のコマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("RGoogleAnalytics")

#新規でインストール時にエラーが起きたため、念のため実行
install.packages("httpuv")


コマンド

dimensionsとmetricsは下記のURLを参照してください。
https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/dimsmets

#パッケージの読み込み
library("RGoogleAnalytics")

#クライアントIDの設定
client.id <- "XXXXXX"

#クライアントシークレットの設定
client.secret <- "XXXXXX"

#クライアントIDおよびシークレットのトークンを取得
oauth_token <- Auth(client.id, client.secret)
###上記コマンドを実行するとURLが表示されますので、アクセスしてコードを取得しペースとしてください#####

#トークンの保存、oauth_tokenファイルが保存されているでディレクトリを指定し
#load("oauth_token")とすることでAuthコマンドでトークンの再取得の必要ありません。
save(oauth_token, file="oauth_token")

#プロファイルの取得
GetProfiles(oauth_token)

#データを取得するプロファイルidを設定
TableID <- "ga:XXXXXXXXXX"

###アクセスデータ取得の準備###
#取得パラメータの設定
query.list <- Init(start.date = "2014-11-28",
                   end.date = "2014-12-04",
                   dimensions = "ga:date",
                   metrics = "ga:pageviews",
                   max.results = 1000,
                   table.id = TableID</pre>
<pre>)

#Initコマンドオプションについて
#start.date:データ取得開始日の設定。年年年年-月月-日日で設定。
#end.date:データ取得終了日の設定。年年年年-月月-日日で設定。

###dimensionsとmetricsは下記のURLを参照#####
###https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/dimsmets#####
#dimensions:7項目まで設定が可能。複数指定するときは"xxx, XXX, ..."と指定。
#metrics:7項目まで設定が可能。複数指定するときは"xxx, XXX, ..."と指定。
#max.results:取得するデータ数。最大10,000。

#取得パラメーターを処理
query <- QueryBuilder(query.list)
#データの取得。データはデータフレームで取得されます。
AnalyticsData <- GetReportData(query, oauth_token)
#XLConnectでデータをエクセルに書き出し
library(XLConnect)
writeWorksheetToFile("AnalyticsData.xlsx", data = AnalyticsData, sheet = "データ")

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク