swift覚書:たっぷり「タプル」!複数の値を扱えます。


投稿日: swiftに関する記事 ,

複数の値をまとめる方法として、配列や辞書と同様に利用することができる「タプル」です。タプルは値の追加や削除はできませんが、Rのリストと同様に関数の値を収納するのに役に立ちそうです。


タプルの例

//タプルは複数の値を1つの値として扱うことができます。値の追加・削除はできません。
//値の型はタプルの値の数だけ設定します。設定しない場合は推論で型が指定されます。
let product:(String, String) = ("R", "からだにいいもの")
var Version:(Int, Int) = (1, 2)
println(Version.1 + Version.0)

//タプルの値を取り出すには、定数または変数を用意します。
//なお、インデックス番号は0から始まります。
var TestVersion = product.0
let testVersion = product.1

//タプルの値を変更する場合はインデックス番号で指定します。
println(Version)
Version.0 = 50
println(Version)

//タプルにはラベルを付けることができます。値を直接指定できますが、型も指定できます。
var productName:(R:String, からだにいいもの:String)
productName.R = "フリーで使いやすい"
productName.からだにいいもの = "Rだけでなくswiftにも手を出しちゃいました。"
println(productName)

playgroundでの表示

タプル

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク