「 統計解析 」 一覧

Rで解析:多変数の関係を表現するのに便利!「corrplot」パッケージ

多変数の関係を表現するのに便利なパッケージの紹介です。基本的な利用は実行コマンドの内容で十分かと思います。他のオプションはパッケージヘルプを確認してください。 上部と下部でプロット内容を簡単に変更する ...

Rとウェブ解析:内容更新です。デンドログラム描写の決定版!「dendextend」パッケージの紹介

デンドログラム描写には欠かせないパッケージ「dendextend」を紹介します。本パッケージがあればデンドログラムの描写には困らないと思います。Rパッケージ付属のdistコマンドでは距離の計算に"pe ...

Rとウェブ解析:重複?共通?集合演算コマンドについて

集合演算を扱うコマンドの紹介です。データの共通や差を判断するのに有効です。sort()などで結果を並び替えると良いかもしれません。 コマンド一覧 #データ例の作成 x <- c(4, 7, 8, ...

Rとウェブ解析:データフレームの項目名で処理を繰り返す

行や列ごとの処理であればapplyやlapply、sapplyで処理できますが、データフレームの項目名で繰り返し処理をしたくなる時があります。 例えば、複数項目を時期を変えて複数回観測したデータなどで ...

Rとウェブ解析:ggplot2で色々プロット

ggplot2でプロットできるコマンドの紹介です。ggplot2のインストールがまだであれば、下記コマンドを実施してください。 install.packages("ggplot2" ...

Rとオミクス解析:オントロジー、ネットワーク解析が出来る統合解析「dnetパッケージ」

ゲノミクスやメタボロミクスなどの生化学分野のみならず、ウェブ解析にもオミクス解析が必要ではと感じています。個人的にはオミクス解析は「1つの事柄(反応)のみではなく、事象として表現(現れる)結果を現時点 ...

Rとウェブ解析:簡単なheatmapの作成! heatmap3パッケージのご紹介

数や物の大小を視覚的に色で表す方法にヒートマップ(heatmap)という方法があります。heatmap3パッケージで手軽に表現できますのでご紹介します。 なお、ggplot2の拡張パッケージでもhea ...

Rでウェブ解析:Rの基本統計処理のコマンド

簡単ではありますが、ウェブ解析で頻繁に使うRの基本統計処理のコマンドをご紹介します。 基本等計量の処理コマンド max(x)最大値var(x)不偏分散 mean(x)平均sd(x)標準偏差 media ...

Rでウェブ解析:繰り返しと条件判断のコマンド紹介

Rの操作はコマンドを組み合わせて、データを処理し結果を出力します。そして、多くの実務ではデータ内に項目が1つであることは少なく複数項目があり、項目ごとに何らかの処理を繰り返し結果を出力します。そこで繰 ...

ウェブ解析を始めよう!Rのインストール方法とデモの紹介

google analyticsとRの連携などを紹介してきました。でも、Rのダウンロード先を紹介しただけで、インストール方法を紹介していませんでした。インストール方法と共にRのデモを紹介します。 Rの ...

スポンサードリンク