Rでウェブ解析:JavaScriptのMetricsGraphicsがRから利用できます。「metricsgraphicsパッケージ」の紹介


インタラクティブな図を出力するライブラリは数多くありますが、「MetricsGraphics.js」ライブラリは使い方が簡単で出力されたHTMLファイルの表示が非常に高速です。

ぜひとも、ウェブ制作に関わる関係者に表現手段の一つとして「metricsgraphics」パッケージを利用いただけたらと思います。ぐりぐり動きますので出力例で試してみてください。

パッケージのバージョンは0.8.5です。
コマンドはR version 3.2.0で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#version 0.8.5
install.packages("metricsgraphics")

実行コマンドの紹介

本パッケージは%>%(パイプ)でコマンドをつなげて使用することもできます。紹介コマンドではパイプを使用しています。作成したHTMLファイルはsaveWidget(“ファイル名.html”)コマンドで作業フォルダに出力します。詳細はコメントを確認してください。

<パッケージ読み込み、HTMLファイルの保存場所の指定とデータ例の作成>
作業の前に実行してください

library("metricsgraphics")
library("tcltk")

#HTMLファイルの保存場所を指定
setwd(paste(as.character(tkchooseDirectory(title = "保存場所を選択"), sep = "", collapse ="")))

#データ例の作成
SampleData <- data.frame(Data1 = sample(1:500, 30),
                         Data2 = sample(1:500, 30))

#棒グラフの描写:mjs_barコマンド
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 320, height = 400) %>% mjs_bar() %>%
saveWidget("bar.html")

#ヒストグラムの描写:mjs_histogramコマンド
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, width = 320, height = 400) %>% mjs_histogram(bins = 30) %>%
saveWidget("Histogram.html")

#ラベルの追加:mjs_labsコマンド
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, width = 320, height = 400) %>% mjs_histogram(bins = 30) %>%
mjs_labs(x = "ラベルの追加", y =  "ラベルの追加") %>%
saveWidget("Labs.html")

#ラインプロットの描写:mjs_lineコマンド
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 320, height = 400) %>% mjs_line() %>%
saveWidget("LinePlot.html")

#散布図の描写:mjs_pointコマンド
data.frame(Data1 = sample(1:500, 100),
           Data2 = sample(1:500, 100)) %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %>% mjs_point(least_squares = TRUE) %>%
saveWidget("PointPlot.html")

#図の装飾
#x軸に対して平行線の追加:mjs_add_baseline
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %>% mjs_line() %>%
mjs_add_baseline(y_value = 150, label = "yの値を設定して線を追加します") %>%
saveWidget("add_baseline.html")

#y軸に対して平行線の追加:mjs_add_baseline
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %>% mjs_line() %>%
mjs_add_marker(x_value = 150, "位置はxの値で設定します") %>%
saveWidget("mjs_add_marker.html")

#線とシンボルの注釈を追加
#線の追加:mjs_add_lineコマンド
#シンボルの注釈を追加:mjs_add_legendコマンド
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %>%
mjs_line() %>% mjs_add_line(Data1) %>%
mjs_add_legend(legend=c("X", "Y")) %>%
saveWidget("add_legend.html")

#マウスオーバー時のデータラベルのカスタム
#mjs_add_mouseoverコマンド:ポイントは'(カンマで文字列を囲む)
#データ例の作成
SampleData <- data.frame(Data1 = sample(1:500, 30),
                         Data2 = sample(1:500, 30),
                         Test = c(rep(c("てすと", "テスト"), 15)))
#データのプロット
SampleData %>%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %>%
mjs_point() %>%
mjs_add_mouseover("function(d, i) {
                $('{{ID}} svg .mg-active-datapoint')
                    .text('カスタム表示 : ' + d.point.Test + ' ' + i);
                 }") %>%
saveWidget("add_mouseover.html")

<出力例>
・棒グラフの描写:mjs_barコマンド

・ヒストグラムの描写:mjs_histogramコマンド

・ラインプロットの描写:mjs_lineコマンド

・散布図の描写:mjs_pointコマンド


<図の装飾コマンド>
詳細はコメントを確認してください。

#ラベルの追加:mjs_labsコマンド
SampleData %&gt;%
mjs_plot(x = Data1, width = 320, height = 400) %&gt;% mjs_histogram(bins = 30) %&gt;%
mjs_labs(x = &quot;ラベルの追加&quot;, y =  &quot;ラベルの追加&quot;) %&gt;%
saveWidget(&quot;Labs.html&quot;)

#x軸に対して平行線の追加:mjs_add_baseline
SampleData %&gt;%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %&gt;% mjs_line() %&gt;%
mjs_add_baseline(y_value = 150, label = &quot;yの値を設定して線を追加します&quot;) %&gt;%
saveWidget(&quot;add_baseline.html&quot;)

#y軸に対して平行線の追加:mjs_add_marker
SampleData %&gt;%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %&gt;% mjs_line() %&gt;%
mjs_add_marker(x_value = 150, &quot;位置はxの値で設定します&quot;) %&gt;%
saveWidget(&quot;mjs_add_marker.html&quot;)

#線とシンボルの注釈を追加
#線の追加:mjs_add_lineコマンド
#シンボルの注釈を追加:mjs_add_legendコマンド
SampleData %&gt;%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %&gt;%
mjs_line() %&gt;% mjs_add_line(Data1) %&gt;%
mjs_add_legend(legend = c(&quot;X&quot;, &quot;Y&quot;)) %&gt;%
saveWidget(&quot;add_legend.html&quot;)

#マウスオーバー時のデータラベルのカスタム
#mjs_add_mouseoverコマンド:ポイントは'(カンマで文字列を囲む)
#データ例の作成
SampleData &lt;- data.frame(Data1 = sample(1:500, 30),
                         Data2 = sample(1:500, 30),
                         Test = c(rep(c(&quot;てすと&quot;, &quot;テスト&quot;), 15)))
#データのプロット
SampleData %&gt;%
mjs_plot(x = Data1, y = Data2, width = 300, height = 400) %&gt;%
mjs_point() %&gt;%
mjs_add_mouseover(&quot;function(d, i) {
                $('{{ID}} svg .mg-active-datapoint')
                    .text('カスタム表示 : ' + d.point.Test + ' ' + i);
                 }&quot;) %&gt;%
saveWidget(&quot;add_mouseover.html&quot;)

<出力例>
・ラベルの追加:mjs_labsコマンド

・x軸に対して平行線の追加:mjs_add_baseline

・y軸に対して平行線の追加:mjs_add_marker

・線とシンボルの注釈を追加
本例ではインタラクティブになりません。パッケージHELP例ではインタラクティブです。mjs_add_lineコマンドを外すとインタラクティブになります。

・マウスオーバー時のデータラベルのカスタム


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク