Rでお遊び:「あの花」実写ドラマ記念!あの花カラーパレットの紹介


アニメは「からだにいいもの」という信念で、仕事の合間にBGM代わりに流しています。昨日、アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」が実写ドラマになるという、個人的にビッグなニュースが飛び込んできました。

あの花は、2011年に埼玉県秩父を舞台にした「大人も泣けるアニメ」と話題を呼んだアニメでオフィシャルHPでもキャッチに「300万人の心を掴んだ ちょっと不思議なひと夏の感動の物語」とあります。私は心を掴まれた300万人のひとりです。

実写ドラマがどのように進行し評価を受けるか非常に楽しみです。

ドラマ記念としてオフィシャルHPのキャラクター紹介画像で使用されている「Top20のカラーコード」をRで取得してみました。pngからの解析ですのでオフィシャル色指定と若干異なると思います。

あの花HP:http://www.anohana.jp/

Rを利用していてまだご覧になってない方にオススメのアニメです。また、アニメから本ページにたどり着いた方はRを是非利用してもらえればと思います。カラーパレットやテーブルを作成するコードは最下部で紹介します。

コマンドはR version 3.2.0で確認しています。


カラーパレットを作成する準備

過去の過去記事をご覧いただければ。
・Rでお遊び:「47都道府県の代表的なアニメ」と「キャラクターの髪の色」のまとめ
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-110/


カラーパレットの紹介

左から"宿海仁太", "本間芽衣子", "安城鳴子", "久川鉄道", "松雪集", "鶴見知利子”の順です。

anohana

カラーテーブルの紹介

Rでは統計解析や画像の出力以外に、このようなテーブルも作成できます。ぐりぐり動きますのでいじってみてください。

モバイルの方はこちらからご覧いただくと見やすいです。
別ウィンドウで開く


作成コマンドの紹介

詳細はコメントを確認ください。

#パッケージの読み込み
library("tcltk")
library("png")
library("jpeg")
library("colorspace")

#読み込みフォルダを選択
FoldPath

少しでも、あなたのアニメライフが充実し、ウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク