Rでウェブ解析:パッケージのインストールで困った!解決方法例の紹介


投稿日: Rの解析に役に立つ記事

よく「install.packagesを実行してもパッケージが見つからない、パッケージソースファイル(拡張子が.tar.gzなど)からインストールできない」などお問い合わせいただくことがあります。

そんな、お困りごとを解決する方法例を紹介します。ぜひ、おためしください。
お気に入りのパッケージは、ソースファイルを保存するのがオススメです。

なお、動作はR version 3.2.0で確認しています。


バイナリファイルの入手先

install.packagesコマンドの実行でパッケージが見つからないことや、パッケージのバージョンを最新でなく古いバージョンを利用しなくてはならない時があります。

そのような場合は、下記URLにアクセスいただき、パッケージを検索し、表示されるページから目的とするパッケージソースファイル(拡張子が.tar.gzなど)をダウンロードしてください。

CRAN Contributed Packages:http://cran.r-project.org/web/packages/

ただし、古いバージョンのパッケージを利用する時には「パッケージの依存関係に注意」してください。依存関係はパッケージヘルプのDESCRIPTION fileを確認してください。


windowsでtar.gzファイルからパッケージをインストールする方法

下記URLより、ご使用のRのバージョンにあったRToolsをダウンロードしてインストールしてください。tar.gzファイルからパッケージをインストールできます。

http://cran.r-project.org/bin/windows/Rtools/


パッケージソースファイルのインストール方法

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
library("tcltk")
install.packages(paste(as.character(tkgetOpenFile(title = "パッケージファイルを選択",
                                                  filetypes = '{"パッケージファイル" {".*"}}',initialfile = "*.*")),
                       sep = "", collapse =" "), repos = NULL, type = "source")

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク