Rとウェブ解析:ツリーマップの作成が簡単です!「treemap」パッケージの紹介


GoogleAnalyticsでもお馴染みのツリーマップは階層構造を持つ大規模なデータの特徴を把握するのに最適です。そんなツリーマップを簡単に作成できる「treemap」パッケージを紹介します。

本パッケージでは、ツリーマップの他にツリーグラフの作成やshinyでグラフをインタラクティブに操作することができます。

紹介パッケージのバージョンは2.3。R version 3.2.0で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("treemap")

実行コマンドの紹介

下記コマンドを実行してください。詳細はコメントまたはパッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("treemap")

#データ例の作成
n <- 300
TestData <- data.frame(index1 = rep(c("パソコン", "モバイル", "タブレット"), each = 9, length = n),
                       index2 = paste0("訪問回数.", sample(1:10, 30, replace = TRUE)),
                       data = sample(5:30, n, replace = TRUE))

#treemapのプロット:treemapコマンド
#MACで日本語文字化け防止:fontfamily.hogehogeオプション
#fontfamily.labels = "HiraKakuProN-W3", fontfamily.title = "HiraKakuProN-W3", fontfamily.legend = "HiraKakuProN-W3"
treemap(TestData, index = names(TestData)[1:(ncol(TestData)-1)], title = "環境別再訪問回数",
        vSize = "data", align.labels = list(c("center", "top"), c("center", "center")), 
        position.legend = "bottom")

#色の設定:paletteオプション
#MACで日本語文字化け防止:fontfamily.hogehogeオプション
#fontfamily.labels = "HiraKakuProN-W3", fontfamily.title = "HiraKakuProN-W3", fontfamily.legend = "HiraKakuProN-W3"
treemap(TestData, index = names(TestData)[1:(ncol(TestData)-1)], title = "環境別再訪問回数",
        vSize = "data", align.labels = list(c("center", "top"), c("center", "center")), 
        position.legend = "bottom",
        palette = colorRampPalette(c("#d9bb9c", "#a87963", "#4b61ba"))(length(unique(TestData[, 1]))))

#参考:shinyで表示
#itreemap(TestData, index = names(TestData)[1:(ncol(TestData)-1)])

#treegraphのプロット:treegraphコマンド
#MACで日本語文字化け防止:vertex.label.familyオプション
#vertex.label.family = "HiraKakuProN-W3"
treegraph(TestData, index = names(TestData)[1:(ncol(TestData)-1)], show.labels = TRUE,
          rootlabel = "環境別再訪問回数")

出力

・treemapのプロット:treemapコマンド
treemap

・色の設定:paletteオプション
treemap2

・treegraphのプロット:treegraphコマンド
treegraph


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク