Rとウェブ解析:傾向把握に役に立つラン・チャート!「qicharts」パッケージの紹介


ラン・チャートは品質管理など時間軸に対して変動を示しデータの傾向を把握するのに有効な表現方法です。ラン・チャートを作成できる「qicharts」パッケージを紹介します。ぜひ、ラン・チャートを活用し工程改善などに役に立ててください。

紹介パッケージのバージョンは0.2.0です。R version 3.2.0で動作を確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("qicharts")

実行コマンドの紹介

下記コマンドを実行してください。詳細はコメントまたはパッケージヘルプを確認してください。x軸に水平線はデータが半分となるようにプロットされます。

#パッケージの読み込み
library("qicharts")

#データ例の作成
n <- 11 TestData <- data.frame(Date = seq.Date(Sys.Date(), by = "day", length.out = n), Group = sample(1:5, n, replace = TRUE), Data = sample(6:21, n, replace = TRUE)) #普通にプロット qic(y = TestData[, 3]) #median(TestData[, 3]) #subgroup解析 qic(y = Data, n = Group, x = Date, data = TestData) #Before, Afterとx値で指定して分割 #freezeオプション:グラフを連続で表示 #水平線の値はBeforeが基準です qic(TestData[, 3], freeze = 5) #breaksオプション:グラフを分割して表示 #水平線の値はAfterが基準です qic(TestData[, 3], breaks = 5) [/code]

出力

・普通にプロット
Nqicharts

・subgroup解析
subgroup

・freezeオプション:グラフを連続で表示
水平線の値はBeforeが基準です
freeze

・breaksオプション:グラフを分割して表示
水平線の値はAfterが基準です
breaks


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

関連コンテンツ


スポンサードリンク