Rで解析:欧米表記で氏名の仮想データが欲しいなら。「randomNames」パッケージの紹介


緊急に欧米表記で氏名の仮想データが必要な方にオススメしたい、欧米表記で氏名をランダムに生成する「randomNames」パッケージの紹介です。

日本国内での需要は少ないかもしれませんが、海外からも「からだにいいもの」を見ていただけているようなので紹介します。

パッケージのバージョンは1.0.0。R version 3.2.1でコマンドを確認しています。


パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("randomNames")

実行コマンドの紹介

詳細はコメント、パッケージヘルプを確認してください。「WriteXLS」パッケージなどと組み合わせてエクセルへ出力が可能です。

「WriteXLS」パッケージの紹介
https://www.karada-good.net/analyticsr/r-138/

#パッケージの読み込み
library("randomNames")

randomNames(n = 5,
            gender = c("Female", "Male"),
            ethnicity = c("African American", "Hispanic", "Asian", "White", "Native American"),
            which.names = "both",
            name.order = "last.first",
            name.sep = " ")

[1] "Booker Alia" "Gonzales Jaron" "Kim Salena" "Storrs Michael" "Samoy Michaela"

少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク