Rで解析:同等性検定の実行「equivalence」パッケージ


t検定などでグループ間の平均に「意味のある差がある」ことを示すことがあると思います。でも、逆に「意味のある差がない」ことを統計的に証明するのは非常に難しいことです。

専門家で多くの議論がなされているようですが、個人的にはグループ間に統計的有意差がないから「グループは同じである」と結論付けて良いのか疑問です。まあ、いろいろな条件はありますが。

そんな問題を解決するかもしれない、同等性検定を実行できる「equivalence」パッケージからtoseコマンドを紹介します。多くのコマンドが収録されていますのでパッケージヘルプで確認してください。

パッケージのバージョンは0.7.2。実行コマンドはwindows 11のR version 4.1.3で確認しています。

パッケージのインストール

下記コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("equivalence")

実行コマンドの紹介

詳細はコメント、パッケージヘルプを確認してください。

#パッケージの読み込み
library("equivalence")

#データ例の作成
set.seed(1234)
Data1 <- sample(1:5, 10, replace = TRUE)
Data2 <- sample(1:5, 10, replace = TRUE)

#平均値で同等性を検定:tostコマンド
Test <- tost(Data1, Data2, epsilon = 0.2)

#標準誤差の差分
Test$se.diff
[1] 0.5744563

#tostコマンドで設定した無視する差
Test$epsilon
[1] 0.2

少しでも、あなたの解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク