Rとウェブ解析:レーダーチャートが作成できる「fmsb」パッケージ


レーダーチャートの作成に便利なfmsbパッケージをご紹介します。

なお、ggplot2パッケージでもレーダーチャートが作成できます。ggplot2に慣れている方にオススメのパッケージです。

・Rで解析:ggplot2でレーダーチャート「ggradar」パッケージ
 https://www.karada-good.net/analyticsr/r-422/


「fmsb」パッケージの導入

下記コードを実行することで導入することができます。
参考URL: http://minato.sip21c.org/msb/

 install.packages("fmsb")

レーダーチャートの描写

レーダーチャートに必要なデータですが、1列目は各指標の最大値、2列目は最小値を入力します。実際にプロットするデータは3列目以降となります。詳細は下記コード内を確認ください。

#ライブラリの読み込み
library("fmsb")

#最大、最小データの準備
maxmin <- data.frame(
  total = c(5, 1),
  phys = c(15, 3),
  psycho = c(3, 0),
  social = c(5, 1),
  env = c(5, 1))

#描写データの準備
RNGkind("Mersenne-Twister")
set.seed(123)
dat <- data.frame(
  total = runif(3, 1, 5),
  phys = rnorm(3, 10, 2),
  psycho = c(0.5, NA, 3),
  social = runif(3, 1, 5),
  env = c(5, 2.5, 4))
dat <- rbind(maxmin, dat) #データの結合

#ラベルの設定,データの行名を取得
VLabel <- colnames(dat)

####radarchartの設定#####
#centerzero = TRUEで中心が0
#axistype:軸基準設定,0:無し, 1:割合, 2:実数, 3:割合,実数, 4:最大を1, 5:最大を1,実数
#seg:分割数
#plty:線の種類
#vlcex:ラベルの大きさ
radarchart(dat, axistype = 2, seg = 5, plty = 1, vlcex = 1.5,
           centerzero = TRUE, vlabels = VLabel,
           title = "(axis=1, 5 segments, with specified vlabels)")

出力例

radarchart


少しでも、ウェブや実験の解析が楽になりますように!!
もし、不明点がありましたらこちらからお問い合わせください。

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク