Rで解析:ggplot2でレーダーチャート「ggradar」パッケージ


ggplot2でレーダーチャートを簡単に作成するパッケージの紹介です。MACで利用するには指定するフォントのインストールが必要ですが、非常に便利なパッケージです。

なお、各データは百分率でプロットされます。詳細は実行コマンドまたはパッケージヘルプを確認ください。

パッケージバージョンは0.1。実行コマンドはwindows 7およびOS X 10.11.2のR version 3.2.3で確認しています。


パッケージのインストール

下記、コマンドを実行してください。

#パッケージのインストール
install.packages("devtools")
devtools::install_github("ricardo-bion/ggradar")

実行コマンド

詳細はコメント、パッケージのヘルプを確認してください。

また、MACで利用するために下記URLよりフォントをダウンロードしてください。ファイルをダブルクリックすることでインストールが可能です。インストール後はシステムを再起動してください。

なお、エラーが出ますが、Windowsではフォントをインストールせずにパッケージが利用できます。

Circular Airフォント
https://dl.dropboxusercontent.com/u/2364714/airbnb_ttf_fonts/Circular Air-Light 3.46.45 PM.ttf

#パッケージの読み込み
library("ggradar")

###データ例の作成#####
n <- 5
TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = FALSE),
                       Data1 = runif(n, min = 0, max = 8),
                       Data2 = sample(c(0, 1), n, replace = TRUE),
                       Data3 = runif(n, min = 0, max = 5),
                       Data4 = runif(n, min = 0, max = 7),
                       Data5 = runif(n, min = 0, max = 10))
#######

#レーダーチャートをプロット:ggradarコマンド
#最大値の指定:grid.maxオプション;初期値1
#例では2列目から最終列まで対象データ:max(TestData[, 2:ncol(TestData)])
#背景色を指定:background.circle.colourオプション;初期値"#D7D6D1"
#背景色の透明度を指定:background.circle.transparency;初期値0.2
#線の太さを指定:group.line.widthオプション;初期値1.5
#シンボルの大きさを指定:group.point.sizeオプション;初期値6
#軸ラベルサイズの指定:axis.label.sizeオプション;初期値8
#最小円の線色を指定:gridline.min.colourオプション;初期値"grey"
#中円の線色を指定:gridline.mid.colourオプション;初期値"#007A87"
#最大円の線色を指定:gridline.max.colourオプション;初期値"grey"
#各円の線の太さを指定:grid.line.width;初期値0.5
#線種を指定:gridline.min.linetype,gridline.mid.linetype,
#gridline.max.linetypeオプション;初期値"longdash"
ggradar(TestData, grid.max = max(TestData[, 2:ncol(TestData)]),
        background.circle.colour = "#ffdd99",
        background.circle.transparency = 1,
        group.line.width = 2,
        group.point.size = 6,
        axis.label.size = 10,
        gridline.min.colour = "#4b61ba",
        gridline.mid.colour = "#a87963",
        gridline.max.colour = "#e1e6ea",
        grid.line.width = 1.5,
        gridline.min.linetype = "longdash",
        gridline.mid.linetype = "longdash",
        gridline.max.linetype = "longdash")

#おまけ:data.frameをグループ毎に要約する方法の一例
#データの作成
n <- 50
TestData <- data.frame(Group = sample(paste0("Group", 1:5), n, replace = TRUE),
                       Data1 = runif(n, min = 0, max = 8),
                       Data2 = sample(c(0, 1), n, replace = TRUE),
                       Data3 = runif(n, min = 0, max = 5),
                       Data4 = runif(n, min = 0, max = 2),
                       Data5 = runif(n, min = 0, max = 10))
#内容の確認
head(TestData)
   Group    Data1 Data2     Data3      Data4    Data5
1 Group2 5.958661     1 3.5162495 1.52580859 4.776988
2 Group4 7.212621     0 0.4244415 1.56943113 1.623245
3 Group2 1.933894     1 2.0224869 0.25314407 9.573465
4 Group2 6.791855     0 2.5646908 0.03575422 1.253536
5 Group4 4.645382     0 3.0220427 0.67330825 6.805378
6 Group1 4.065967     1 3.9061660 1.73928327 5.188013

#平均で要約
aggregate(TestData[, 2:ncol(TestData)], list(TestData[, 1]), mean)
  Group.1    Data1     Data2    Data3     Data4    Data5
1  Group1 4.491273 0.5714286 2.051701 1.1500546 4.634674
2  Group2 4.215512 0.7272727 2.836282 0.7818129 5.170912
3  Group3 2.371959 0.3750000 2.748526 0.8370290 4.871396
4  Group4 4.898825 0.5000000 2.462507 0.6189924 4.938792
5  Group5 4.844590 0.2857143 1.988985 1.0729326 4.385042

出力例

・ggradarコマンド
ggradar


少しでも、あなたのウェブや実験の解析が楽になりますように!!

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ


スポンサードリンク